登山学校開催 

東広島市で登山学校開催

WS010_20170802091230079[1]


リーフレットをクリックして拡大してください

申込み期限:10月14日(土) 
        ただし、定員20名になり次第、締め切ります
 問合せ・申込先:広島県勤労者山岳連盟組織部登山普及担当
       *必ず上記リーフレットに記載されている担当者へ直接ご連絡ください
スポンサーサイト

赤ナメラ 

     赤ナメラ沢歩き
      廿日市市飯山

日程 平成29年8月6日(日) 晴れ
参加者 
S田、S井、S木、Sg田、T本、H田(SL、担当)、Y本(CL)、M岡  会員外 O本、K保、Y本、K林 12名

コースタイム
橋のそばの空地に駐車9:00→赤ナメラ沢入渓9:20→昼食(11:30~11:50)→林道橋の下で出渓13:15→林道歩き→駐車空き地14:10 所要時間 5時間10分

台風5号は奄美大島付近でゆっくり北上中、台風の影響はないと判断し、総勢12名で昨年に続き小瀬川支流(廿日市市飯山)の赤ナメラで沢歩きをしました。

今日は、原爆の日、来る途中8時15分には車の中で黙とうと合掌。平和で有ればこそ、登山も出来ます。感謝です。

深緑に覆われた清涼感あふれるきれいな沢です。歩く距離は入渓から林道の橋の下まで約3kmでなだらかな上りです。ナメ床、ゴロゴロ石、大小さまざまな滝を歩きます。
比較的歩きやすいが、所々、足元がわかりにくい所が有ったり、深みにはまったり、浮石を踏みバランスをくずしそうになったり緊張して歩くところもありました。しかし自分でルートを探しながら歩く楽しみもありました。

羅漢高原10km標識の有る橋を渡り道路沿いの空き地に車を駐車した。629

へルメット、ハーネス、沢靴を履き、R186を吉和方面に10分程歩き赤ナメラ沢入口の石段を下る。
630


9:25 赤ナメラ沢入渓。赤ナメラ床がきれいです。天然のクーラーの中にいるようで暑さを感じません。むしろ肌寒いくらいでした。
634

638

9:45 渕沿いを岩につかまって進みます。
656

10:00 なだらか滝を乗り越えていきます。深緑がきれいです。
663

10:25 少し大きな滝です。
686

10:37 ロープで確保してもらい、1人1人滝の激流に向かって登ります。
694

698

699

711

720

11:03 なだらかな滝をスイスイと 
726

10:54 激流滝の巻き道を登ります。
732

11:25 深緑の渓谷 グリーシャワーとマイナスイオンを浴びながら
740

11:30~11:50 肌寒いので、陽当たりの良い所で昼食
744

12:00 赤ナメラ床が続きます。水深の浅所はスイスイと歩けます。
752

12:00 赤ナメラ床がきれいです
753

11:28 水しぶきの中を歩きます。
758

12:20 階段状のなだらかな滝を登って行きます
775

782

12:32 皆が通った後、大きな山がえるがゆっくりした動きで目の前を 
787

12:43 ナメ床が続きます
793

12:46 小さな滝が幾重にも重なって美しい所です。
795

12:58 川の合流する所
807

13:04 川幅が狭くなり始めました。川底は砂混じりです。
809

13:14 沢歩き終点です。林道の橋下手前から右に笹薮をかき分けて林道に上がりました。
813

13:20 橋を左側に林道を駐車地点まで50分程歩きました。皆歩き切って歓喜の舞です。涼しくて最高の避暑でした。
815

14:10全員無事に駐車地点まで帰ってきました。
道路沿いにキツネのカミソリ
キツネ

歩いたルート
歩いたルート


    

猫山 

猫山(1195.5m)

期日  2017年7月16日
参加者 O原(功) O原(賀) O田 K田 S田 S井 S木 Z谷 H谷(三) H谷(正) Y本 会員外 N山(県北山の会) S口(体験)
コースタイム 広(7:40) 猫山登山口(10:35) 猫山大権現(11:30) 山頂(12:30) 南峰(12:50~13:30) 猫山登山口(15:10)

猫山スキー場駐車場で3人が待っていました。すでにたくさんの車が駐車していました。
担当者が今日のコースの説明と参加者の体調を聞きました。県北山の会の会員、体験者の紹介を済ませて出発しました。 

駐車場

登山道に入ると2体の石仏がある。「行者道、安永・・」と刻まれている。

石仏

ゲレンデに沿って南方向にヒノキ林を緩やかに登る。別荘が数件ある。リフトの終点に出た。 

ヒノキ林

尾根道は西方向のトラバース道に変わる。左手に猫山大権現のお堂が崩れている。役行者祀った「山上さん」です。役行者の左右にも石仏が鎮座している。大岩の割れ目は風穴になって涼しい風が吹く。 

山上さん

ヒノキ林のトラバース道をさらに歩く。足元にはヤマアジサイが咲いている。 

ヤマアジサイ

登山道は南方向に変わり急坂を登ると、視界が開けて岩樋山、道後山、スキー場が見える。胸突き八丁はミズナラ、ブナ、広葉樹に囲まれた静かな森でした。 

道後山

勾配が緩くなり猫山の山頂に着いた。二等三角点があり広葉樹に覆われ視界はない。 

猫山山頂

さらに南西方向に歩くと視界が開けてくる。南峰までの草原にヒメユリ、カワラナデシコ、イブキジャコウソウ、イブキトラノオ、シモツケが咲いて疲れを癒してくれなした。初めて見たヒメユリにみんな感激しました。イブキジャコウソウの葉はハーブの香りがする薬草だそうです。

ヒメユリ 
ヒメユリ

イブキジャコウソウ 
イブキジャコウソウ

カワラナデシコ
カワラナデシコ

東方向に東城町小奴可(おぬか)の田園風景や周りの山々、西方向に比婆連山を眺めながら遅い昼食を取る。 

展望

下りは往路を引き返す。駐車場にはたくさんの花が咲いていました。 

アキノタムラソウ 
アキノタムラソウ

クサレダマ
クサレダマ

Oさん夫妻のお誘いがあり、庄原の別邸にお邪魔して美味しいスイカをいただきました。

今日歩いたコース 

猫山 2

吉和冠山 オオヤマレンゲ 

吉和冠山(オオヤマレンゲ)

山行日 平成29年6月18日(日) 晴れ
参加者 
O本、O田、K村、S迫、S井(SL)、S木、Z谷、H房、M岡、Y本(CL、担当)、K畑、   会員外 K下(体験)、K保、Y田(体験)、Y本  16名
2名の方が体験山行に参加され、後日1名の方が入会されました。

コースタイム
松ノ木峠9:18→寂地山分岐11:15→冠山山頂 昼食(11:57~12:44)→クルソン岩(13:33~13:56)→大タキ14:21→鉄橋14:46→潮原温泉  所要時間 5時間28分

吉和冠山のオオヤマレンゲを観に、「松ノ木峠」から登って「潮原温泉」に下山するルートを歩きました。
目的だったオオヤマレンゲを観る事が出来、
496

497

又山頂付近では赤く染まったサラサドウダン、
498

499

登山道沿では数少ないササユリを観る事が出来ました。
525

又ローソク岩に登り、クルソン岩と冠山のコラボも見ることが出来ました。
300
皆さん満足のゆく山行の様でした。

車を潮原温泉側に1台デポし、松ノ木峠駐車場を出発。
240
4月30日にカタクリを見に行った、同じコースを登りました。

違うのは新緑が降り注ぐグリーンシャワーの中を歩くことです。樹木が発するリラックス効果のある成分「フィトンチッド」を思いっきり吸いながら登りました。
244

262

急坂では、リーダがゆっくりゆっくり登ってくれました。
251

駐車場から約2時間で寂地山分岐に到着。右折し冠山に進む。
264

途中、「太田川源流の碑」に立ち寄りました。
269
この当たりに降った雨が大河の一滴として太田川から瀬戸内海に流れるのでしょう。

しばらく歩くとオオカメノキの白い花が見えてきました。
486

その横にオオヤマレンゲの白い花が咲いていました、自生したのを初めてみました。
494

皆、カメラ向けてシャッターを切っていました
493

後少し、冠山頂上です。
273

冠山山頂に到着。2時間40分でした。三角点にタッチ。
275
山頂広場で昼食です。沢山の登山者で賑わっていました。

葉の先が赤い不思議な葉っぱを見つけました。
501

北側の展望地から眺めです。最奥に恐羅漢、西側に十方山、東側に市間山、立岩山が見えました。
279

下山は潮原温泉側へ下ります。このコースも新緑が綺麗でした。
287

288

国体コースの分岐を右に取り尾根まで登る。尾根道を進むとクルソン岩に行きます。。大岩が見え始めた。その奥にクルソン岩があります。
298

クルソン岩を回り込んでローソク岩に登る。ここから絶景が広がる。先まで登っていた吉和冠山です。
299
この岩場を前回登った時、黒いマムシがとぐろを巻いていた。手を置く場所、足を掛ける所を注意しながら登った。今回はいなかった。

モミジガサの群生地を下る。
309

オオタキまで下って来た。
311

途中にコアジサイ
526

頭上にウリノキを沢山見ました
529

山頂から約2時間で「鉄橋」まで下って来ました。
316

全員無事に下山しました。皆さんから今日一日良かったねと嬉しい言葉を頂きました。

ルート図
吉和冠山ルート図

野呂山 クリーンハイク 

野呂山 クリーンハイク
                                 記 H房
実施日 平成29年6月4日(日) 晴れ
参加者 
O田、S田(担当)、S井、S木、Z谷(担当)、T本、H本、H房(CL 担当)、H田、M岡(担当)、Y下、Y本  一般 K保 13名
コースタイム
野呂山駐車場8:30→清掃時間9:10→登山開始9:20→防火水槽10:05→岩海分岐11:00→兜岩展望台11:50→芝生広場昼食(12:00~12:40)→十文字ロータリー13:10→昭和池13:45→突切峰14:30→後懸林道合流14:50→駐車場15:45 解散16:00  所要時間 7時間15分

ゴミの内訳
    ビン類   1 kg           
    カン類     1 kg
    燃えるゴミ     8.5 kg
    その他 草     10 kg
    合計    20.5 kg
分別計量し指定ゴミ袋に入れて駐車場横に保管。安浦清掃事務所に収集依頼にした。

今年4月23日、野呂山山開きがあり、同時に清掃登山が実施された。そのせいか登山道は、キレイと報告があり今回は駐車場を重点的に清掃した結果上記のゴミの内訳です。
047

使用者は登山者だけでなく、一般の方が休憩するのでそのゴミも有ると思われます。
051

本日の登山道は、往路どんどんコース
自称、川尻の奥入瀬渓流の山道を通り、新緑、水のせせらぎを聞きながら高度を稼いで林の中に入る。久しぶりに見る砂防堤工事も大分進んでいた。
防火水槽前で一息入れる。登山道に雑木がはみ出しているので先頭のS井さんがカットして進んでゆく。兜岩展望台に着くと眺望が素晴らしい。四国山脈迄見えました。頂上広場で昼食。

復路は、昭和池、突切山コース
十文字ロータリーを通り林道に入り、途中、竹林があり竹の子が覗いていたので皆んから歓声が上がる。竹の子を採りながら昭和池に着き一息入れる。
突切山をすぎて後懸け林道に出て約40分で駐車場に到着後、写真撮影 解散

本日の清掃登山協力有難う‼

西目山・右田ヶ山縦走 

西目山(312.4m)・右田ヶ岳(426m)縦走
     防府市

山行日 平成29年5月28日(日) 快晴
参加者 O田、K村、O迫、S井、S木、T本、H田、H房、H谷(正)、Y本、 会員外 K保 11名
コースタイム
右田小学校駐車場9:25→西目山登山口9:43→石祠10:05→西目山山頂 昼食(11:07~11:38、勝坂窯登山口12:18→勝坂登山口12:23→ルート分岐12:43→右田ヶ岳西峰13:40→右田ヶ岳山頂14:17~14:47→天徳寺登山口15:55  所要時間 6時間30分

防府市の背後に聳える岩稜・岩だらけの西目山~右田ヶ岳を縦走しました。低山ながらゴツゴツした岩場を乗り越え切り立った登山道を登る緊張感とスリルが味わえる山でした。又、当日は快晴で、展望岩からは、澄み渡った青空の元、防府市街地、田園風景等素晴らしい景観でした。

1.西目山
右田小学校に駐車し、西目山登山口に向かって歩く。正面は西目山、青空が綺麗。
863

右手に後半登る岩稜の山、右田ヶ岳の山容が眺めながら。
864

大日古墳の案内坂を3分程歩くと、西目山登山口の標識があった。この坂道を登って行く。大日コースを登る。
866

墓所の間の階段を上がると、本格的な山道に入る。
867

ここから大小五つのピークを越えていく。
展望岩で小休止、展望良好
873

左から右田ヶ岳~石船山(194m)、正面の矢筈ヶ岳とその後方にアンテナ群の大平山、真っ直ぐに延びる新幹線の軌道が風景にアクセントを付けている。
874

防府市の街並み、左の天神山の向こう側は、防府天満宮、左方向瀬戸内海に向かうと萩往還の終点三田尻港
875

これから進む岩だらけの第2ピーク。 
877

第2ピーク下の石の祠 
881

第2ピークへの岩登り、手掛かり、足掛かりがあるので三点支持で登る。
885

第2ピークから登って来た第1ピークを見下ろす。展望岩からのまたまた素晴らしい景観。
888

左に切り立った岩。真ん中の岩、ゴリラの横顔に似ている。ゴリラ岩
887

登山道より、第3ピーク~第4ピーク~第5ピークを見上げる。山頂は第5ピークの後ろでまだ見えない。
892

第4ピークへの急坂。岩を乗り越えて進む。
896

まるで人工的に切ったような岩が不思議なバランスで座っている。将に自然が長年掛けて造形した芸術品だ。このような岩があっちこっちにある。
898

第4ピークから振り返れば第2ピークが、あの尾根を登って来たのだ。
899

これから向かう第5ピークとその右に山頂の目印の電柱が2本見える。
900

雨宿り出来そうなテラス状岩。なぜこのようになったのか摩訶不思議。
906

西目山山頂に到着。電柱の横の三角点にタッチ。登山口から1時間42分。一寸早いがここで昼食。
907

西側の展望、周防灘方面。田園風景、青い海と空、水平線の向こうには九州が見えるはずだが。
910

勝坂コースを下山。羊歯の茂る急坂を下る。途中ロープ等が取り付けてある。又踏み跡がはっきり分かるので迷う事はないが滑りやすいので慎重に下る。
914

東に目をやれば、これから登る南ノ峰と右田ヶ岳が双耳峰のように見える。
915

沢まで下りてきた。林道を歩き堰堤傍を通り
917

勝坂窯登山口まで下りてきた。
918

R262を横断し右田ヶ岳登山口まで歩く。
右田ヶ岳山行は次に続く。
西目山ルート図
ルート図