FC2ブログ

安芸アルプス縦走 

定例山行報告  安芸アルプス縦走

山行日 平成26年4月20日  曇り        報告 山本

参加者    沢井、平田、原、山本(CL、担当)、(会員外)小林、山本  6名

<歩行タイム>
JR瀬野駅8:20   神原登山口8:40   坂山9:45(8分休み) 鉾取山11:00(12) 原山11:50 洞所山12:45~(昼)~13:15  新峠13:35(6) 城山14:40(8) 赤穂峠15:15(5) 金ヶ燈篭山15:47(13) 林道16:15  愛宕神社16:30(15) JR矢野駅17:30 

天気予報では午前中小雨がありそうだが午後は曇りのようだ。好天での快走イメージとはいかないが何とか濡れずに歩ければと定刻に瀬野駅を出発しました。
岩田橋

しかしバイパス完成で様子の変わった登山口辺りでパラパラ降り出し、雨具を付けてのスタートとなりました。
東広島バイパス

先は長いのに・・。両脇に低い石垣が続く雰囲気のある登山道を行くとどの草木も芽吹きはじめて春本番を感じます。あとでバテナイようゆっくり歩いて坂山(499.8m)
坂山山頂

に上がる頃には雨も止みしっかり展望を楽しむことが出来ました。東に水ヶ丸・曽場ヶ城山、北に藤ヶ丸・長者山の稜線を見渡します。
スカイレール軌道

ここからいよいよ縦走です。中野東からの登山道との合流点を過ぎるとコース一番の急登です。しかも長い!皆ヒイーヒー言いながら登るが若い原さんだけはどんどん先に登って行きました。
鉾取山急登
(羨ましい。) 鉾取山頂(711.5m)からよく整備された散歩道を進むと展望が開け、見晴らし広場に出ます。
鉾取山山頂

海田や広島の街がひろがり日浦山や安芸小富士が近い。奥には安芸の宮島がかすんで見えます。
海田湾展望

明るい山道にミツバツツジがあちこちで咲き誇り一層華やかです。絶景を楽しんでから鉄塔のある原山(672.2m)、
原山三角点

天狗坊山分岐から591ピーク、昼食予定の洞所山へとしんどいアップダウンが続きます。それぞれのぺースで登りきり昼食をとりました。
洞所山山頂(641.4m)
洞所山山頂

休憩でなんとか元気を取り戻し後半の城山・金ヶ燈篭山めざして出発です。新峠へは下りスタートでもあり快調に進むもまだまだアップダウンの連続で足腰の疲労はボデイーブローのように効いてきます。
城山山頂(592.8m)
城山山頂

「いくつピーク越えたかいねー」言いながらやっと金ヶ燈篭山(531.9m)に到着です。
金ケ灯篭山頂

大変だったけど木々の芽吹きやかわいい野花を見ながら何とか頑張ることができました。見晴らしの良い愛宕神社のカフェテラス(?)ではゆったりと満足感に浸ることが出来ました。
愛宕神社

○祝全員完登! 大変お疲れ様でした。
スポンサーサイト



莇ヶ岳 

莇ヶ岳

期日  2014年4月6日
参加者 大成 小田 迫田 沢井 繁田 花房 原 平田 部谷 部谷 松岡 山本 会員外 2人
コースタイム 呉駅(7:10)  莇ヶ岳登山口(10:05) 頂上(11:25~12:20)  莇ヶ岳登山口(13:10) 

島根県と山口県の県境に位置する莇ヶ岳は別名「兄見山」と呼ばれているらしい。弟見山の標高は1085mで莇ヶ岳は1004mで 兄弟の弟にあたるらしい。弟である莇ヶ岳を見下ろすから「弟見山」、兄である弟見山を見上げるから兄見山、と言うわけです。

登山口は標高630mぐらいの林道の駐車場です。国道315号線鹿野町戸根から北に林道を3.9kmぐらい登ります。途中に石鎚神社があります。

今日は暖かい日が続いた後に2月に戻った気候の寒い日です。牡丹雪が降る中、雨具を着て登山開始。

登山口の駐車場
登山口

登山口は2つあります。駐車場の側に標識があり橋を渡って尾根道を登るコース。もう1つは北に3分ぐらい登ると林道の終点で杉やヒノキ林の谷間から尾根道を登る急坂のコースがあります。
今日は雪なので急坂のコースを登ります。急な登りの途中から雪が積もっていました。時折冷たい風が吹くけれど汗をかきながら登りました。

急坂の登り
急坂

樹氷がきれいです。馬酔木の花にも雪が積もり寒そうです。

樹氷
樹氷

八合目辺りを右に行くと鎖場がある。1,2,3の鎖があります。今日は雪が積もり危険なので登山道を登りました。

莇が岳の頂上に到着しました。積雪は4cmぐらいです。祠とその裏に三等三角点がありました。祠の後ろに「石鎚神社兄見山開山」の石碑がありました。頂上にある小さな祠はふもとの石鎚神社の分社かもしれない。

頂上
頂上

避難小屋がありました。周南愛山会が建設されたようです。中に入って昼食にしました。寒さがしのげてありがたかったので使用料として募金箱に寄付金を入れました。

避難小屋
避難小屋

昼食後外は雪も止み周囲の山々が見渡せました。

頂上からの展望
展望

強風注意報と積雪もあるので弟見山までの縦走をあきらめて、往路を引き返しました。

帰りに徳佐八幡宮参拝と桜見物としました。しだれ桜とソメイヨシノが境内と370mの長い参道に見事に咲いていました。1825年に氏子によって植栽されたと伝えられています。今日は桜祭りでたくさんの人でにぎわっていました。

徳佐八幡宮の本殿
徳佐八幡宮
参道のしだれ桜
しだれ桜


続きを読む