FC2ブログ

月別アーカイブ

 2014年10月 

葦獄山 

鬼叫山 葦嶽山


期日  2014年10月12日
参加者 小田 木村 迫田 沢井 銭谷 立石 花房 原 部谷 部谷 山下(体験者)
コースタイム 阿賀(7:10) 三次風土記の丘(8:45) 駐車場(9:15) 登山口(9:25) 鞍部(10:45)
鬼叫山(11:00) 葦嶽山(11:35~12:05) 登山口(12:55) 駐車場(13:15)

大型の台風19号が日本列島を縦断するということで天気が数日前より心配でした。

国道423号線、県道23号線に「日本ピラミッド」の標識がある。葦嶽山は野谷コースと灰原コースがあります。灰原コースは林道と遊歩道が整備されていてハイキングコースです。標識に従って本谷川をさかのぼると野谷の登山口です。沢に沿って10分ぐらい登ると駐車場に着きました。コース全体の案内板がありました。 

日本ピラミッド1

杉林を沢沿いに登る。左岸、右岸と3度沢を渡る。ひと汗かくころには鞍部に到着しました。東屋と案内板がありました。右に登ると葦嶽山、左に登ると鬼叫山(ききょうざん)。 

鬼叫山に向かうとすぐに巨岩、奇岩があらわれた。古代文明の遺跡後を思わせるようです。ドルメンと呼ばれる大きな岩が積み重なっている。その上にある一枚の平らな石は供え物の台を思わせる。西を向いてライオンの顔に見える獅子岩。東西南北を指す方位石。超巨大な鏡岩。どれも自然の石ばかり。隣に神武岩の石柱が立っていた。「大正時代に石柱の下に神武天皇の財宝が隠されているとのうわさで宝物を求めて人が押し掛け石柱を壊したので周りにその石柱が倒れているのだ」とか。神話とミステリーの場所でした。

獅子岩
1獅子岩

神武岩
神武岩1

さらに登ると葦嶽山の拝殿と言われている高度800mが鬼叫山です。鬼叫山の標識はなかったが笹に覆われた高くて広い所が頂上のようです。

鞍部に戻り葦嶽山に登りました。急坂を登ると頂上です。山の形がピラミットの形に見えるのと太古の謎を秘めているの「日本ピラミット」と名前が付いたのだろう。昼食タイム。遠く北に道後山、吾妻山、比婆山の連山が望めました。 

葦嶽山1

下山は灰原コースは舗装されているので野谷コースを引き返すことにしました。

短時間の歩行だったので庄原市本村にある「蘇羅比古神社(そらひこ)」にお参りしました。神社は六世紀継体天皇の御代に創建された。天然記念物の大杉が2本ありました。幹回りが5.9mと5.2mの神木でした。 

蘇羅比古神社
神社1

杉の神木
杉の神木1

スポンサーサイト