FC2ブログ

大黒山 竜ヶ岳 

大黒山 竜ヶ岳
期日  2015年4月12日
参加者 木村 迫田 原 部谷(正) 部谷(三) 山本
コースタイム 呉駅(7:10) パストラルホール(8:45) 登山口(9:05) 大黒山(10:00) 分岐点(10:25)竜ヶ岳(11:20~12:45)) 大梅山(13:50) 大梅山登山口(4:20) パストラルホール(15:05) 呉駅(16:30)

山陽自動車道の玖珂ICを南下し、初めての信号を右折してパストラルホールに向かうと大黒山、竜ヶ岳の山容が見えてくる。パストラルホールの駐車場を利用させてもらう。
用田グラウンド脇の小川に沿って林道を500mぐらい登ると大黒山登山口の標識がある。 
大黒山登山口
大黒山登山口

西方向にシダが茂った登山道を登る。途中から花崗岩のザレ場で滑りやすい。ロープが張ってあるので助かります。周囲にはツツジがきれいに咲いている。 

ザレ場
ザレ場1

少し登った辺りから見上げれば岩峰の形が面白い。かわいいイルカの親子が空に向かってジャンプしている顔に似ている。松の木の新芽とマッチして日本庭園の様です。 

イルカ岩
イルカ岩

岩峰と大黒山への分岐へ到着。イルカ岩に行く。頂上には登れないが周東町の町が眼下に見渡せる。
展望
展望1

帰路の大梅山の稜線が見えた。絶景ポイントです。 
大梅山稜線
大梅山稜線

分岐まで帰り、シダの茂る道を300m登ると323mの大黒山です。三等三角点がある。大黒岩がありました。この岩は江戸時代から旧山陽道の目印とされていたそうです。竜ヶ岳の尖峰が見えた。 

大黒岩 
大黒岩

竜ヶ岳尖峰
竜ヶ岳尖峰

両側にシダの茂る登山道を南方向に下ると鞍部に着いた。 
鞍部
鞍部

ロープが取り付けられた道を南方向に登ると大梅山と竜ヶ岳の分岐尾根に着く。途中白いツツジが咲いていました。 

分岐尾根
分岐尾根

8、9年前に山火事で焼けた尾根道を歩く。消火に時間がかかり、南西方向の中山湖から水をヘリコプターで運んだそうです。下りの花崗岩のザレ場には木の階段が取り付けられていました。 

焼けた尾根道
焼けた尾根道

ロープの取り付けられた急登を登り365mの竜ヶ岳に到着した。山陽自動車道の竜ヶ岳トンネルの上に立っています。大岩の上に立つと360°の眺望を楽しむことが出来ました。北に蓮華山。北西に烏帽子山。東に氷室山。西に瀬戸内海や山陽道。眼下には町並みや田畑。素晴らしい。 

竜ヶ岳山頂 
竜ヶ岳頂上

遠くに見える先の尖った山が蓮華山展望2

中央の尖峰が氷室山
展望3

瀬戸内海と山陽道
展望4

貸切かと思っていると昼食時に1人の男性が登ってこられた。話を聞くとこの山の登山道を整備されておられる岩国市の柳川さんでした。80歳近くで定年後から始めたそうです。階段やロープのおかげで安全に登れたお礼を述べ、みんな笑顔で写真に納まる。ロープワークの勉強で「もやい結び」の練習をしました。 

柳川さん
柳川さん

大梅山と竜ヶ岳の分岐点まで帰り、大梅山に登る。 
大梅山
大梅山

ロープの取り付けられた急坂やザレ場を下る。羅漢岩がある。クライミングのベテランが岩の上に立つ。手がかりがないので登るのは難しい。 

羅漢岩 
羅漢岩1

羅漢岩
羅漢岩2

尾根道を下り西側が崩壊したザレ場を歩き東屋に到着。途中で登りに歩いた大黒山に続く尾根道が見えた。東屋の柱にロープを取り付けクローブヒッチの勉強をしました。 

ザレ場 
ザレ場2

大黒山尾根道
大黒尾根

東屋から東に250m下ると林道に下りた。小川に沿って下ると用田グラウンドに帰り、駐車場に着いた。低い山ですが縦走が出来て変化に富んだ面白い山でした。
スポンサーサイト



葉田竜王山 筆景山 

葉田竜王山 筆影山

期日  2015年4月5日
参加者 市野 大原(加) 小田 繁田 高本 原 部谷(正) 部谷(三) 松岡 山下 山本
コースタイム 阿賀先小倉(7:20) 須波桟橋(8:45) 地福寺(9:00) 林道出会い(9:35) 駐車場(10:25) 竜王山(10:40) 筆影山(11:45~12:30) 須波桟橋(13:30) 阿賀先小倉(15:00)

筆影山、葉田竜王山の展望台から眺められる多島美は瀬戸内海随一と言われ、桜の名所で1950年に瀬戸内海国立公園の一部に指定されました。

呉を出発するときは小雨の空模様でしたが須波桟橋に駐車した時は雨も上がり霧に代わっていました。 

霧で佐木島が浮き上がって幻想的に見える。 

佐木島
佐木島

地福寺をめざして車道を歩く。線路わきの菜の花がきれいです。地福寺でストレッチ体操をする。これから登る葉田竜王山が見える。 

菜の花

ストレッチ

葉田竜王山
竜王山

西方向に登山道を登る。若葉の新芽の中にピンクのツツジが艶やかに映る。堆積した落葉の谷間をジグザグに登っていくと林道と出会う。 

ツツジ

林道出会い
林道出会い

林道を歩きまた山道に入る。登山道をジグザグに登っていく。急登の登りは雨上がりで滑りそうです。薄いピンクのオドリコソウがたくさん咲いていました。 

オドリコソウ
オドリコソウ

登りも緩やかになり駐車場に着く。途中の草地にはウマノアシガタ別名キンポウゲやトウダイグサが咲いていました。 
ウマノアシガタ 
ウマノアシガタ

トウダイグサ
トウダイグサ

駐車場の桜の大木は見事な花を咲かせていました。 
桜の大木
桜の大木

能満寺にお参りした後で車道を登り葉田竜王山展望台に登る。霧で展望はありませんでした。 
能満寺 
能満寺

竜王山展望台
竜王山展望台

駐車場まで戻り車道を下り、カーブミラーがある所で登山道に入り北東方向に下る。ツツジがたくさん咲いている。和田口と筆影山のT字路に出る。

登山道の入り口
カーブミラー
 
ツツジ
ツツジ2

T字路
T字路

東に山道を登ると筆影山展望台に着きました。桜の花弁が風にハラハラ舞ってきれいです。箱庭のような瀬戸の島々の絶景が眼下に見えるはずですが、因島大橋、佐木島が霞んで見えました。 

筆影山展望台 
筆影山展望台

桜
 
瀬戸内の島々
展望

頂上直下の東屋から南方向に山道を下る。車道に合流し須波桟橋まで帰る。

大江高山 

大江高山

期日  2015年3月29日
参加者 小田 鈴木 銭谷 原 部谷(三) 山本
コースタイム 呉駅(7:10) 大朝IC(8:25) 駐車場(9:45) 飯谷登山口(10:05) 山辺八代姫命神社(10:30) 大江高山(11:50~12:45) 779mピーク(13:20) 六合目展望地(13:50) 山田登山(14:20) 駐車場(14:50)

心配していた天気も島根県に着くと雨は降っていない。今日は飯谷コースから登り、山田コースを下ることにしました。雨の後はこのコースは急登なので登るのは難しいと思います。 

飯谷登山口
飯谷登山口

登山口から大江高山の全容が望める。田んぼのあぜ道につくしがたくさん生えていました。 

大江高山全容 
大江高山全容

土筆
土筆

北方向に登ると山辺八代姫命(やまべやしろひめのみこと)神社がありました。神社で安全登山を祈願しました。 

山辺八代姫命神社
神社

境内裏手の杉林の急登を登る。 

急登

急登を1時間ぐらい登ると大砲岩の看板がある。休憩地にちょうど良い場所です。祖式町の村落や棚田が見える。 

大砲岩
岩大砲

さらに汗をかきながら急登を登る。落ち葉の間にかわいい薄紫のスミレが咲いていた。良く見ると所々にイズモコバイモが咲いている。 

スミレ
スミレ

やっと大江高山頂上到着しました。一等三角点がある。 
大江高山
大江高山

東方向の三瓶山が霞んでみえた。北方向に矢滝城山や日本海が雲の晴れ間に見えました。黒い雲の流れが速い。天気が心配です。 

三瓶山展望 
三瓶山展望

矢滝城山と日本海
矢滝城山と日本海

昼食後に南西方向の779mピークを目指して降る。振り返ると頂上が見えました。

大江高山
振り返り大江高山

枯葉の中にイズモコバイモ、ミスミソウ咲いていました。見逃しそうです。かわいい白い花です。

イズモコバイモ 
イズモコバイモ

ミスミソウ
ミスミソウ

779mピークに形のいい大きな枯れ木がありました。北方向の展望が開けていました。 

779mピーク
779mピーク

つづら折りの道を下る途中でオレンジ色のヒオドシチョウが飛んでいました。

ヒオドシチョウ(写真は頂きました)
ヒオドシチョウ2

六合目展望地から山田の村落が見えました。さらに下った杉林の中にミヤマカタバミの白い花が咲いていました。 

ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ

山田コース登山口から林道を下ると駐車場に着きました。今日歩いたコースが望めました。
山田登山口
山田登山口