FC2ブログ

救急救命講座 

救急救命講座

期日  2015年7月18日
参加者 K村 S井 H田 H谷(正) H谷(三)

呉労山で2年前に続いて東消防署で救急救命講座を受講しました。

最初にAEDがなぜ普及するようなったか。次にAEDで電気ショックを与えて一命を取り留めた事例のビデオを見ました。 

ビデオ

救命処置の手順で心臓マッサージとAEDの使い方の講習を受けました。AEDとは心臓が細かく震えているのを取り除く機器です。
1傷病者の意識を確認する。
2多数の人の助けを呼ぶ。119番連絡。AED持参。
3呼吸の確認し反応がなければ胸骨圧迫(両手を重ねて肘を延ばし胸の真ん中を1分間に100回圧迫する)。救急隊が来るまで連続して行う。
4AEDが来たら手順に従って電気ショックを行う。 

心臓マッサージ
マッサージ

5人は順番に実習しました。胸骨圧迫は疲れて1分間も続きませんでした。 
 
講習1

講習2

反応はないが呼吸をしているときは回復体位を取りおう吐物による窒息を防ぐ。
回復体位
回復体位

心停止後15秒以内に意識がなくなり、3~4分で脳は回復することが困難になる。
AEDを早く行うことにより社会復帰できる確率は38%だそうです。助かる命もあると解りました。

三角巾のたたみ方、巻き方を教わりました。 
 
三角巾1

三角巾2

登山中の応急処置として三角巾を使って腕を骨折したときの固定、足関節の固定方法を教わりました。 
腕の固定
腕固定2

足の固定
足固定

皆の感想は今日ならった事を覚えていざという時に役立てたいです。
スポンサーサイト



白木山 鬼ガ城山 

白木山 鬼ガ城山

期日  2015年7月5日
参加者 K村 S田 S木 T本 T石 H田 H谷(正) H谷(三) M岡 Y下 Y本会員外M部
コースタイム 白木山駅(8:45) 白木山登山口(8:50) 五合目(10:00) 水場(10:35) 白木山(11:10~11:55) 桐原分かれ(13:00) 鬼ガ城山(13:15) 二十畳岩(13:40) (12:10~12:45) 鬼ガ城山登山(14:45) 上深川駅(15:00)

前日の夕方まで激しい雨。当日は雨も早朝に上がり曇り空。湿度、気温も低く最高の登山日和になりました。頂上では涼風も吹きました。夏山登山訓練の総仕上げで白木山、鬼ガ城山の縦走を12人でやりました。

白木山駅から坂道を登ると登山口に案内板とかわいいお地蔵さんが置かれている。 
白木山登山口
白木山登山口

登山道の一合目から八合目までかわいいお地蔵さんが安置されています。
担当者の説明の後、簡単なストレッチ体操。木と石の階段の急坂を登る。

滑りやすい登山道を登ると穴地蔵がある。 
穴地蔵

五合目(538m)の広場に着くと南西方向に鬼ガ城山、携帯アンテナが見える。

少し登ると登山道は50mぐらい両側が谷になって切れ落ちている。 
台形の地形

灌木帯の急登を登ると水場があり、小さな広場になっている。七合目半辺りかしら。 
水場

頂上に到着。360度の展望が広がり白木山神社がある。視界はあまり良くない。桐原(とげ)と白木町の町並みが見えた。 
神社

昼食後南西方向の尾根道を下る。途中狩留家方面や可部に下る登山道がありました。

桐原林道と合流し、しばらく歩くと鬼ガ城山の登山口に着く。赤いテープがぶら下がっているだけなので気付きにくい。 
 
林道

鬼ガ城山の登山口
鬼ガ城登山口

杉林を登り2回作業用の林道を横切ると鬼ガ城山の頂上です。雑木林の中で三角点と標識がある。 

鬼ガ城山

南方向に急坂を下ると林道に出会い中国セルラーのアンテナ無線局がある。林道を東方向に歩くとすぐに展望が開けて白木山山頂と歩いた尾根、白木町の町並みが見える。 
白木山 
白木山

白木町の町並み
白木の町並み

急坂を下ると20畳岩展望所の標識がある。3分ぐらい歩く。大岩の上に立つと上深川の町並みが見える。

20畳岩

登山道まで戻り急坂を下ると上深川の登山口に到着する。白木山 鬼ガ城山の標識がある。 
標識

南方向に下り三篠川にかかる橋を渡り振り返ると20畳岩が見えた。上深川駅に到着。