FC2ブログ

琴引山 

琴引山

期日  2015年8月23日
参加者 O田 K村 S田 T本 M岡
コースタイム 新広駅(7:00) 琴引フォレストパークスキー場(9:30) 登山口(9:50) 十畳岩(10:25) 大神岩(11:00) 山頂(11:25) 琴禅山神社(11:30~12:00) 駐車場(13:00)

女性ばかり5名の参加。全員か弱き女性の初めての山なので不安がいっぱい。
スキー場のリフトの下を登ると登山道の案内がある。 

スキー場
スキー場

登山道の案内
登山口

ゆるやかな木陰の下を歩くとまもなく十畳岩に着いた。偶然休憩をとった所のすぐ上だった。階段状の滝など自然の力に驚く。 
 
木陰

滝

十畳岩1

十畳岩からは先日来の雨の影響なのか、登山道が川になっていて水浸しのぬかるみの中を歩く。ぬかるみは敷波分れ辺りまで続いていた。

琴禅神社は歴史を感じる古い小さなお社だ。
琴禅神社

お参りして裏から頂上へ。5分とかからない。頂上は360°見渡せる。よく晴れて三瓶山や大万木山が目の前に見える。 

頂上

木陰がないので神社まで下り昼食を摂っていたら福山から来た男性1人が登って来られた。他の登山者に会わなかったから少しホッとした。

下山はピストン。又水浸しの道を気を付けて下りた。

リフトから林道らしき道を下りてみようを試みたが、道はなくなり、境界のフェンスも越えられなく・・・あえなく引き返し、朝登って来たリフトの下を歩いた。プチ冒険をして皆楽しく笑顔で下山。大過なく無事に下山できましたこと感謝です。
スポンサーサイト



熊城山 丸掛山 

熊城山 丸掛山

期日  2015年8月9日
参加者 O原 S田 S木 T本 H谷(正) H谷(三)
コースタイム 呉駅(7:10) 天狗シデ駐車場(8:50) 展望所(10:25) 熊城山(10:55) 丸掛山(11:40~12:10)頂上(11:50~12:20) 鞍部(12:27) 天狗シデ駐車場(13:20)

熊城山はハイキングコースでたくさんの落葉樹を植え、標識や道も整備が行き届いていました。
天狗シデ駐車場でストレッチ体操をしてカバノキの道の車道を登る。 

駐車場

草刈りの行き届いた車道を登るとトイレのある展望所に着いた。少し登ると林道終点です。 

林道終点

北方向に草刈の行き届いた山道を登ると「広葉樹の森510m」「ブナの広場」の標識がある分岐点に着く。 

標識

広葉樹、ヒノキ、スギの茂る登山道を西方向に登ると稜線に出る。途中でオオバギボウシ、ハギの花が咲いていました。左に100mぐらい歩くと熊城山の標識と四等三角点がある。周囲は木々に覆われ展望がない。 

熊城山

南方向に尾根道を下る。たくさんのマルバフユイチゴが赤い実をつけている。 
マルバフユイチゴ

ブナの大木がありました。 
ブナ

鞍部が丸掛山と林道の分岐です。フシグロセンノウがたくさんさいている。 
フシグロセンノウ

樹林帯の尾根道を登ると丸掛山山頂です。展望はない。木の丸掛山と分水嶺の標識がある。大朝町と芸北町の境界です。 

丸掛山

分岐まで帰って、広葉樹の森の標識分岐から林道に下る。展望所からは石見冠山が見える。北方向に三瓶山がうっすらと見えた。

少し下ると東方向に階段が見える。玉砂利を敷いた階段を下ると天狗シデ群落に着く。途中で真っ赤な実を付けたナナカマドを見ました。 

ナナカマド

天狗シデの群落は柵で囲まれ保護されています。イヌシデの一種で、突然変異によって生じた形質が遺伝的に固定しており、種子による世代交代も進んでいる。幹や枝がくねくね曲がり、枝先がしだれるなど、その独特な姿に特徴がある。約90本あり、最も大きいものは幹の周囲が約約3m,高さ14mである。世界的にも珍しいので国の天然記念物に指定されました。 

天狗シデ1

天狗シデ2

200m下ると駐車場に帰りました。

田原温泉5000年風呂で入浴する。田原小学校校舎を利用した温泉施設で単純放射能泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)。5000年先までも長寿と健康でありますようにという願いを込めてつけられたものです。
汗を流して帰路に着きました。