FC2ブログ

堂床山・可部冠山 

堂床山(859.6m)・可部冠山(735.7m)縦走

山行日 平成27年9月27日(日)晴れ
参加者 S井(CL、担当)、S田、H房、原、H谷(三)、M岡、Y下 7名
コースタイム
駐車場8:20→加賀津の滝8:30→堂床山10:00~10:10→西冠山分岐11:30→可部冠山 昼食(11:50~12:40)→可部峠12:52→旧街道コース登山口13:35→車で移動 駐車場13:50   所要時間 5時間30分 約10km

可部町北西部の南原峡の背後にそびえる堂床山~可部冠山を縦走しました。
このコースは、可部連山トレイルランの一部にもなっている事もあって、良く整備された登山道でした。

呉駅を7:10に出発、広島IC~R54~可部バイパスを北上、南原峡駐車場(トイレ有)に8:15に到着。車1台を可部冠登山口の駐車場にデポした。

各自ストレッチし8:25に出発。
南原峡駐車場
車止めガードの横を抜け川沿いの林道を10分程歩くと
川の右奥に加賀津の滝と
加賀津の滝

正面に堂床山登山口が現れる。
堂床山登山口

此処から、標高差600mの急登、木立に囲まれた日陰の尾根道をゆっくり登る。
急登
汗がにじむが、谷間からの涼風を受けて心地よい。所々の緩やかな場所で休憩する。
途中2組のトレイルラナンナーに追い抜かれた。

9:40直角右折表示地点を通過。
直角標識
トラバースぎみの水平道を歩き、行きついた所から左折し根っこの多い急登を登る。
アセビの木々が見えると頂上も近い。

駐車場から1時間35分で堂床山に到着10:00。一等三角点にタッチ。
堂床山山頂
展望がないので休憩ご西冠山に向けて進む。
標高差200mの急斜面をすべらない様、ロープにつかまりながら下る。
急斜面を下る

下った所からは、傘でもさしても歩けるような道巾の広い稜線の縦走路だ。多少のアップダゥンは有るものの快適だ。
しばらくすると左手の植林地のネット越に、千代田町の集落、安佐SA見える。
安佐SA

ピークを幾つか超えると右手に明神ダムが見えてくる。
明神ダム

檜林は間伐されて明るい。
登山道沿いの笹は刈られ、行く手を塞ぐ倒木もなくよく整備されている。
整備された縦走路

堂床山から1時間20分で西冠山分岐(721m)に到着。
西冠山
分岐を右折すると南原峡に下るが、直進し冠山に向かう。
鞍部まで下って、岩の多い急登を登り返す。

堂床山から1時間40分で可部冠山に到着。三角点にタッチ。
可部冠山山頂

南側の展望岩からの眺望がすばらしい。西に堂床山の山容。南に可部町~広島市の街並み。遠くに絵下山、安芸小富士、古鷹山、クマン岳もかすかに見える。
眼下の可部町
東に小掛山、遠くに白木山も見える。

昼食後、可部峠に向けて、岩の多い急斜面を下る。十文字路の可部峠に下りてきた。
可部峠
右折し南原峡に向かって下る。

ここは旧石州街道、かつて浜田藩のお殿様も参勤交代に使われたそうです。
昔の旅人の思いを感じながら檜林の緩やかな趣のある古道を下る。
旧石州街道

冠山から55分で旧街道コース登山口まで下りてきた。
第二キャンプ場にデボした車で登山口駐車場まで下りた。予定より早く13:50に全員無事に帰着。     
     
スポンサーサイト



東郷山 

東郷山

期日  2015年9月13日
参加者 O田 S田 S井 S木 T石 H H田 H谷(正) H谷(三) Y下 Y本 会員外O山 Y本
コースタイム 呉駅(7:10) 大森神社(8:25) 登山口(9:10) 東郷山(10:30) 四本杉(11:30) 東郷山(12:25) 第三鉄塔(12:40~13:20) 登山口(13:55)大森神社(14:55)

夏山登山もシーズンが終わり久しぶりに13人のメンバーが集まった。

県道433号線を北に走り大森神社に駐車する。殿様も馬を下りた参道で安全祈願をする。かつて、大森八幡神社は広島県の天然記念物に指定された杉の巨木の森に囲まれていました。平成3年の台風で、残念ながら貴重な森は失われてしまいました。高圧線の鉄塔が北東方向に見える  

大森神社
神社

バス停前から北東方向に田んぼや畑の道を登る。熊の目撃情報の標識がある。
さらに杉林の舗装道路を沢に沿って登る。  

沢

東郷山、四本杉の道標と周辺の地図がある所が登山口です。沢の側に熟したアケビの実を発見。  
  
標識1
  
地図

ツチアケビ
アケビ

杉林の緩やかな道を登ると急登の階段に変わり第一鉄塔に着く。  

急坂

400m登ると第二鉄塔に着く。南西方向の展望が開けて阿弥陀山、その先に大峰山の頂上が見える。  

大峰山

樹林帯を過ぎると第三鉄塔に着く。休憩にちょうど良い広さです。標識があり東郷山の頂上まではあと400mです。  

標識2

樹林帯を北方向に登ると山頂に着く。二等三角点がある。展望はない。  
東郷山の三角点
三角点

東方向の尾根道は四本杉に行く。ブナの巨木や杉、モミが茂る樹林帯の中を下る。  
ブナの巨木
ブナ

70mぐらい下ると、四本杉、湯の山に下る標識がある。 

標識3

滑りそうなササの急坂を北方向に下る。雨上がりなのでみんな滑っている。テープはあるが道は狭く荒れている。 
ササ

200mぐらい下ると杉の巨木が見えてくる。「4本の株が接合したもので幹周り10m。地上3mぐらいから枝分かれして高さ30mぐらいある」そうです。樹齢約400年で「全国の森の巨人100選」に選ばれている。

四本杉

四本杉根

東郷山頂上まで帰り第三鉄塔の下で昼食を取る。

登山口から10分ぐらい下ると白井の滝に下りる道がある。滝は水量が多くゴウゴウと流れ落ちていました。  
白井の滝
白井の滝

登山道を歩き大森神社まで下る。キンミズヒキ、ハギが咲いていました。秋の涼し山行でした。