FC2ブログ

中蒜山 上蒜山 

中蒜山 上蒜山

期日  2015年11月2日
コースタイム 休暇村(8:00) 中蒜山登山口(8:25) 五合目(9:30) 中蒜山(10:20~10:50) 上蒜山(11:45) 五合目(12:55) 上蒜山(13:40)

2日目は上蒜山から中蒜山経由で下蒜山縦走の予定でしたが前日の夜から雨が降っていました。雨は9時ごろには上がる予報なので出発を8時に延長した。コースも中蒜山から下蒜山縦走に変更した。

宿の車で塩釜の中蒜山登山口まで送迎してもらう。 
中蒜山登山口
中蒜山登山口

雨具を身に付けて出発。沢を過ぎると尾根道になり5合目まで登ると比留神社の小さな社がある。 

社

霧に煙る周囲の景色は幻想的です。主稜線に出ると分岐点で東に行くと下蒜山。西に行くと中蒜山経由で上蒜山に行く。 

分岐点
分岐点

中蒜山頂上(1123.4m)は分岐点からすぐでした。リンドウの蕾が足元に咲いていました。避難小屋の中で昼食を取る。 

中蒜山
中蒜山

西方向にササの尾根道を歩く。鎖の取り付けられた岩場を登ると樹林帯の中に上蒜山の最高峰の標識がある。字が薄くなって読みにくい。三角点は300m北東方向に茂みの中にある。 
 
鎖

上蒜山の標識
上蒜山

南西方向に長い尾根道を下る。足元にはリンドウの花やツルリンドウの赤い実が咲いていた。 
リンドウ
リンドウ

5合目の1030m辺りまで下ると霧が少し晴れて蒜山高原や周囲の山並みの紅葉を見ることができました。 
 
紅葉1


紅葉2

ヒノキ、杉林の急坂を下り、牧場の登山口に着いた。粘土質で滑りやすかった。牧草地にジャージー牛が放牧されてのんびりとした景色を味わうことができました。 

牧場

牛舎には子牛がたくさん飼育されていました。 
子牛

宿に電話して車で休暇村の駐車場まで送ってもらう。
スポンサーサイト



毛無山 白馬山 

毛無山(けなしがせん) 白馬(しろうま)山

期日  2015年11月1日
参加者 O田 S田 S木 H本 H房 H H谷(正) H谷(三) M岡 Y本 会員外 Y本 T中

コースタイム 広(7:00) 山の家(11:15) 毛無山(12:40~13:10) 白馬山(13:50) 山の家(14:50)

紅葉を見に岡山県の毛無山、蒜山三山に行きました。
初日は毛無山、白馬山に登りました。
新庄村の田浪地区にある山の家が登山口です。 

山の家

新庄川に沿って北に登る。四合目に大岩がある。 
大岩

急坂を登ると六合目辺りに大杉の木がある。ツリーの形の杉の木です。 

大杉

さらに急坂を登ると足元の笹の中にブナ林が紅葉してきれいです。麓の家並みが見える。 
紅葉

尾根道の主稜線と合流して八合目の大岩、九合目の山小屋に着いた。 
小屋

1218.5mの毛無山頂上はササ原で三角点がある。 
毛無山

曇り空の下360度の展望が望めました。北方向に崩壊した大山、烏ケ山、日本海、弓ヶ浜。北東方向に蒜山三山。これから行く白馬山が見えた。

左大山  右烏ケ山 

大山
日本海 

日本海
蒜山
蒜山

昼食後に尾根道を歩き白馬山を目指す。振り返ると先ほど歩いた毛無山が見えた。 


稜線


1060mのピークが白馬山の頂上で北側に下ると鳥取県江府町俣野、南側に下ると新庄村の分岐点です。東方向に尾根道をたどると朝鍋鷲ケ山に行ける。5月には濃いピンクのカタクリが咲きます。

白馬山

尾根道の途中で西方向に先ほど歩いた毛無山と稜線、北方向に大山と烏ケ山が見えた。さらに下るとブナの木々の間から土用ダムが見えた。 

土用ダム
土用ダム

急坂を下り、ブナ林を過ぎると新庄川の脇の登山口に帰り着いた。
道の駅により蒜山の特産物の乳製品を食して農産物を買う。今日の宿、休暇村奥大山に到着。