FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年01月 

野呂山(新年会) 

野呂山(新年会)

期日  2016年1月17日
参加者 H野 O原(賀) O田 K原 K村 S田 S井 S木 Z谷 T本 T石 H本 H房 H H田 H谷(正) H谷(三) Y下 M岡 Y本 会員外O本 O石 H Y川
コースタイム 下石内バス停(8:30) 登山口(9:30) 勧農坂(10:40) 膳棚山(11:10) 野呂神社(11:20)野呂山ロッジ(11:50)

今年初の定例山行は新年会を兼ねて野呂山登山です。ルートは下石内バス停から勧農坂(かなさこ)経由で野呂山ロッジへ。
下石内バス停に集合。会員外の紹介の後、ウォーミングアップを兼ねてゆっくりと坂を登る。40分も歩くと体が温まってきました。

農道を登り詰めた橋の側が登山口です。膳棚山(839m)まで3.9Km。 
登山口

落ち葉に覆われた長い石畳を歩く。勧農坂には江戸時代から昭和にかけて開拓村が開かれていたので安浦と広村を往来に使った道だと思われます。 

石畳

沢に沿って登ると、登山道の脇には畑の名残がある石積みがある。 

石積み

上部に堰堤のある沢を渡ると山道は狭くなる。

沢

バス停から北東方向に4.1km歩くと勧農坂に到着しました。郷原・野呂山道路でさつき橋が架かっています。 

勧農坂 
勧農坂

さつき橋
さつき橋

北側にある馬離場池(バリバ-池)を見に行きました。池は底が抜けて水がほとんどない。開拓集落の石垣は苔むして周りは竹藪に覆われていましたが、まだ名残はとどめていました。 

苔むした石垣 
石垣

馬離場池
池

急坂の階段を南東方向に登る。風が冷たい。林業道路を横切る。 

標識

勾配が緩やかになると三角点のある膳棚山に到着。携帯アンテナが数本立っている。長い霜柱が立っている。 

霜柱

野呂神社を経由して十文字ロータリーに下る。勧農坂にあった野呂神社は昭和38年に現在地に移されたが、老朽化して屋根にシートが掛けてありました。 

野呂神社
野呂神社

ビジターセンター側の氷池の表面には氷が張りカモは氷の上に立っていました。 
氷池
氷池

野呂ロッジに集合して新年会を始めました。定食の量は少ないがおいしかった。 

野呂ロッジ 
野呂ロッジ

昼の定食
食事

下りは送迎バスで川尻駅、往路を下る、兜岩コースを下る、3グループに分かれて帰路に着きました。


登りに歩いたルート


野呂山
スポンサーサイト