FC2ブログ

安蔵寺山 

安蔵寺山(1263m)

期日 2017年10月8日
参加者  K下 K村 S田 S井 S木 H房 H田 H谷(正) H(谷) M岡 会員外O山
コースタイム 広(6:30) 安蔵寺トンネル(9:50) ナラ太郎(10:20) 山頂(12:00~13:00)  安蔵寺トンネル(14:35) 

国道187号線から県道189号へ。杣の里(そま)を過ぎ細い山道を登ると広い道に替わり安蔵寺トンネル登山口に着く。数台駐車スペースが有ります。標高1020mぐらいです。西方向に丸い青野山とその後方に十種ヶ峰が見えました。 

安蔵寺トンネル
トンネル
 丸い山が青野山 その後方が十種ヶ峰
青野山

沢に沿って北東方向に登る。イブキトラノオ、アマドコロの黒い実、セキヤノアキチョウジが咲いていた。 

セキヤノアキチョウジ
セキヤノアキチョウジ

20分ぐらいで尾根道の鞍部に到着した。樹齢推定600年、高さ30m、幹周囲4.8mの大ミズナラの木がどっしりと根を張っていました。名前は「ナラ太郎」でブナ科に属する落葉樹です。元気を貰いました。 

ナラ太郎
ナラ太郎

樹林帯の尾根道を50mぐらい登ると1191mに着く。このあたりはブナ林でミズナラ、スギ、カエデ類、オオカメノキ、クロモジ、トチ、ツルアジサイ等多様な木々の群生です。紅葉が少し始まっている木も有りました。 

ブナ
ブナ

ユキザサが赤い実を着けて、トチノ実がたくさん落ちていました。子孫を残すため実は親木から離れた場所に飛ぶのだと聞きました。 

ユキザサ 
ユキザサ

トチノ実
トチノ実

ブナの森林浴を楽しみながら尾根道を下り又緩やかに登ると北峰、中峰に着きました。足元にはツルリンドウが可愛い花を咲かせていました。下りで山頂が見えてきました。 

ツルリンドウ 

ツルリンドウ
中峰
中峰

40m下った鞍部の寺屋敷跡に鎌倉時代、安蔵寺と言う修験者の寺が有ったと伝えられています。安蔵寺山の由来になったとか。花崗岩の塚が有りました。 


塚

香仙原からの登山道と頂上直下で合流しました。頂上には二等三角点、西中国山地国立公園の標識が有りました。東の展望が開けて羅漢山、小五郎山、大将軍の山が望めました。また説明の看板が有りました。 

標識
標識

昼食後、頂上直下のお地蔵さんにお参りして、南西方向の尾根道を少し下り展望地に足を伸ばしました。250度ぐらい展望が開けていました。南方向の羅漢山、小五郎山、大将軍、東方向に朝車で走ってきた集落の谷間、西方向の青野山、十種ヶ峰が望めました。足元にはかわいいフデリンドウが咲いていました。 

中央に小五郎山  その後方に羅漢山、
展望

フデリンドウ
フデリンドウ

歩いた距離は短かったがアップダウンを5回繰り返しました。
今日歩いたコース  
安蔵寺山

スポンサーサイト



三瓶山 

三瓶山

期日  2017年9月24日
コースタイム 姫池コース登山口(8:00) 男三瓶山(5:50) 女三瓶山(11:00) 太平山(11:30~12:10)  東の原駐車場(12:50)

2日目は男三瓶山の姫池コース登山口から男三瓶山、女三瓶山と縦走し、東の原駐車場まで歩きました。 

姫池コース

南方向に森林の中を100m登ると開けた台地に東屋がありました。 

東屋

急坂を登る。ツリガネソウ、ギンリョウソウが咲いていました。初めて見るかわいいアケボノシュスランの薄いピンクの花にうっとりしました。 

ツリガネソウ 
ツリガネソウ

アケボノシュスラン
アケボノシュスラン

標高差350mの急登を登る。勾配が緩くなり男三瓶山(1126.2m)頂上に到着しました。頂上は広く三瓶頂上神社、展望所、三角点がありました。360°の展望が開けて北方向に日本海、北東方向かすかに日御碕の半島、西方向に大江高山が見えました。頂上西のススキ原がとてもきれいでした。 

三瓶頂上神社 
神社

左のどっしりした山が大江高山 
大江高山

ススキ原
ススキ原

南東方向に下る。岩場を下り尾根道にでると展望が開けて子三瓶山、孫三瓶山が見えました。 

左 孫三瓶山  右 子三瓶山 



さらに下り、少し登ると通信アンテナのある女三瓶山(953m)に着きました。途中でカワラナデシコ、フシグロセンノウが咲いていました。 

フシグロセンノウ 
フシグロセンノウ

女三瓶山
女三瓶山

石畳を歩き太平山まで下り昼食を取る。昼食後、リフト南の登山道を下り東の原に着きました。登山道には栗の実がたくさん落ちていました。秋を感じた2日間の山行でした。

今日歩いたコース 
地図2 

三瓶山 

三瓶山

期日  2017年9月23日
参加者 I藤 K村 S田 S井 S木 Z谷 T本 H房 H田 H谷(三) M岡 会員外 K林 O山
コースタイム 広(7:10) 東の原駐車場(11:30) 太平山(12:10) 孫三瓶山(12:30~13:00) 子三瓶山(13:40) 室内池(14:50) 東の原登山口(15:30)

東広島市のスーパー、布野道の駅に寄って食料品を調達し三瓶山東の原駐車場に着いた。女三瓶山が見える。リーダーより今日の山行コースの説明がある。 

駐車場

リフトで登る。スキー場には秋の花が咲いていました。10分ぐらいで鞍部に到着する。すぐ南の太平山に登ると、女三瓶山、男三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山と全景が望める。紅葉はまだ早いようです。 

全景

雑木林の尾根道を西方向に歩く。足元にはミズヒキソウ、ツリガネニンジン、オミナエシ、キバナアキギリなど秋の花が咲いていました。 

オミナエシ 
オミナエシ

キバナアキギリ
キバナアキギリ

孫三瓶山(903m)に到着しました。男三瓶山、子三瓶山を眺めながらススキ原で昼食タイムを取りました。 

左子三瓶山  右男三瓶山
子三瓶山

北方向に100m下る。斜面にはイヨフウロ、マツムシソウ、キクバヤマボクチ、ミツバシオガマ、カワラナデシコ、アキノタムラソウが咲いてきれいでした。 

アキノタムラソウ
アキノタムラソウ

鞍部の風越から北西方向に130m登ると子三瓶山(961m)でした。途中にヒヨドリバナ、ハギが咲いて秋を感じさせてくれました。頂上は広くススキの原が広がっていました。 

標識

マツムシソウ、コゴメグサ、ハハコグサの花を見ながら北方向に赤雁山を経て鞍部の扇沢まで下る。 

マツムシソウ 
マツムシソウ

コゴメグサ
コゴメグサ

ブナ、シイの木、カシワの木の茂る雑木林を下ると噴火によって形成された爆裂火口の室内池に着いた。キツリフネソウが咲いていました。 

室内池

東方向に登るとリフト乗り場に着きました。リフトで東の原駐車場に帰りました。三瓶山を半周しました。三瓶温泉で汗を流して17時30分に今日の宿、北の原キャンプ場ケビンに到着しました。焼肉パーティーで親交を深めました。 

ケビン
ケビン

今日歩いたコース 
地図 1