FC2ブログ

竜王山 

竜王山

期日 2018年8月19日
参加者 O原(功) O原(賀) O本 O田 K畑 K下 K村 S田 S井 Z谷 T本 H田 H谷(正) H谷(三) 
コースタイム 阿賀IC(7:00) 比婆神社大鳥居(10:50)那智の滝(10:30)竜王山キャンプ場(12:20)竜王山(12:25~12:50)那智の滝(14:00) 大鳥居(14:50)

駐車場は比婆神社大鳥居脇にあります。すでに満車状態でした。 
大鳥居
大鳥居

石段を登ると巨大な老杉群がずっしりと立っている。幹回り8メートルを超えるものもある。樹齢千年以上と言われている。 

杉

社殿横の登山道を登る。三宝神社、牛馬神社、二宮神社、三の宮神社が続く。 
社殿
社殿

沢に沿って登ると那智の滝に着く。谷の奥の岩壁から落ちる滝は壮観です。 
  
那智の滝

さらに谷を登ると天狗岩が現れる。熊野神社を守る天狗が住むと伝えられている。 

天狗岩

ブナ林を登ると竜王山駐車場に着く。途中ヤマジノホトトギス、ゲンノショウコ、ヒヨドリバナに止まるアサギマダラを見つけた。

ヤマジノホトトギス 
ホトトギス

アサギマダラ
アサギマダラ

5分も登ると竜王山頂上に着いた。広い草原で360度の眺望です。二等三角点、御影石の案内板がある。遠く北方向に大山がかすんで見える。東方向に道後山、猫山。西方向に吾妻山、比婆山が見えました。 

展望
展望

山はすでに秋が到来してアキアカネが飛びかいススキがもうすぐ穂が出そうです。マツムシソウ、ツリガネニンジン、カワラナデシコ、タムラソウ・・・が咲いていました。

マツムシソウ 
マツムシソウ

ツリガネニンジン 
ツリガネ

タムラソウ
タムラソウ2

心行くまで展望や花を楽しんだのちキ竜王山ャンプ場経由で大鳥居まで下りました。登山道でオオバノトンボソウを見つけました。

オオバノトンボソウ

今日歩いたコース 
地図

スポンサーサイト



赤ナメラ 沢歩き 

      赤ナメラ沢歩き
      廿日市市飯山

日程 平成28年7月24日(日) 晴れ
参加者 I籐、O田、K畑、K下、K林、S田、S井、M岡、T本(SL)、H田(CL)、Y川 会員外 F藤 12名

コースタイム
橋のそばの空地に駐車8:45→赤ナメラ沢入渓9:10→昼食(11:30~12:00)→林道橋の下で出渓14:00→林道歩き→駐車空き地15:20 所要時間 6時間10分

連日暑い日が続き、涼を求めて総勢12名で小瀬川支流(廿日市市飯山)の赤ナメラで沢歩きをしました。
深緑に覆われた清涼感あふれるきれいな沢です。
歩く距離は入渓から林道の橋の下まで約3kmでなだらかな上りです。ナメ床、ゴロゴロ石、大小さまざまな滝を歩きます。
今回、水量が多かったのか足元がわかりにくく、深みにはまったり、浮石を踏みバランスをくずしそうになったり緊張して歩くところもありました。しかし自分でルートを探しながら歩く楽しみもありました。

羅漢高原10km標識の有る橋を渡り道路沿いの空き地に車を駐車した。
へルメット、ハーネス、沢靴を履き、赤ナメラ沢入口の石段を下る。
9:10 赤ナメラ沢入渓。赤ナメラ床がきれいです。天然のクーラーの中にいるようで暑さを感じません。むしろ肌寒いくらいでした。
040

なだらか滝を登ります。深緑がきれいです。
044

激流を渡ります。
055

ゴロゴロ石を歩きます。
057

少し大きな滝です。水量の少ない所を登ります。手がかり、足がかりがあるので問題なく登れます。
061

滝のそばを登ります。
098

赤ナメラ床が続きます。水深の浅所はスイスイと歩けます。
119

水しぶきの中を歩きます。
139

11:30~12:00 昼食タイム。休むと肌寒く、飲み水はほとんど飲んでいませんでした。
138

川幅が狭くなり始めました。川底は砂混じりです。
152

沢歩き終点です。林道の橋下手前から左に笹薮をかき分けて林道に上がりました。
158

橋を左側に林道を駐車地点まで1時間20分程歩きました。
全員無事に駐車地点まで帰ってきました。
167