FC2ブログ

月別アーカイブ

 2018年11月 

臥竜山 

臥竜山

期日 2018年11月4日
参加者 O年 K下 K村 K林 S井 S木 T本 H谷(正) H谷(三) M岡 Y 下(政) Y本(和)

コースタイム 呉(7:10) 登山口(9:35) 雪霊水(10:45) 臥竜山(11:05~11:30)123m(12:00~12:30)猿木峠(12:55)キャンプ場(13:45) 八幡原公園 (14:00)

八幡原公園に駐車して西方向に800mぐらい歩くと臥竜山登山口がある。 

登山口

ススキ原を南方向から南東方向に登る。森になると小さな沢を2回渡る。錦の落ち葉を踏みしめながら急坂を登る。 
 
急坂

急こう配の尾根道になるとミズナラや大きなブナの林が続く。 

ブナ

紅葉がきれいです。振り返ると木々の間から大佐山に設置された風力発電機が数機見える。 

大佐山

雪霊水に着いた。聖湖から登る林道の終点です。軟水のおいしい水をいただく。傍にイズモアザミが咲いていました。 

イズモアザミ

さらに20分登ると臥竜山頂上(1223m)に着いた。一等三角点がありました。大岩に登って遊びました。

臥竜山

北東方向に紅葉を楽しみながらゆっくり下る。北方向に遠く三瓶山、北東方向に掛頭山のアンテナ鉄塔が木々の間から見えました。 
 
紅葉1

遠くに三瓶山 
三瓶山

紅葉の向こうに掛頭山
掛頭山

三角点のある1123mのピークに到着しました。登山道で昼食を取る。雑木林、ササに覆われた中に四等三角点を探しました。 

三角点

素晴らしい紅葉を楽しみながら猿木峠に下りました。 
 
紅葉2

猿木峠
猿木峠

北西方向に尾根道を下ると谷間のヒノキ林に出る。2回沢を渡ると高原の自然館に着きました。 
舗装道を歩き駐車場の八幡原公園に帰りました。

今日歩いたコース 
地図

スポンサーサイト



十方山 

十方山

期日 2018年10月28日
参加者 I藤 O田 K畑 K下 S田 S井 T本 H田 H谷(正) H谷(三) M岡 Y 下 Y本(和) Y本(美) 会員外 山下(体験登山) 呉山の会 K保
コースタイム 呉(7:10) 登山口(9:00) 瀬戸滝(9:25) 分岐(11:05) 五合目(10:55)頂上(12:10~2:50) 五合目(13:40) 登山口(15:00)

登山口の駐車場にはすでに満車状態です。晴れの紅葉シーズンで多くの登山者でにぎわっていました。 

駐車場

トイレの南側が瀬戸の滝に登る登山口です。沢に沿って北西方向に登ると鉄の橋を5回渡る。 

橋

瀬戸の滝に到着した。滝つぼは深い。滝は上の段と下の段の2段になっている。全長63m。奥の滝も大きい。

瀬戸の滝

滝から笹原の急坂を東方向から北東方向に登る。30分ぐらいで谷間に出て尾根道登山道と出会う。 木に下がった標識は薄くなって見えにくい。 

分岐

谷道を北方向に登る。勾配が緩くなると紅葉が見られる。 
 
紅葉1

尾根道に変わると木々の間から笹原の十方山が見えてくる。標高の高いところは紅葉が進みきれいです。 

十方山

五合目に到着。三ツ倉の遭難碑を見に行く。雪山で遭難したようです。 

遭難碑

いったん下り、また急坂を登る。ブナ、ミズナラ、トチの自然林は素晴らしい。紅葉は一段ときれいです。 

紅葉2

北方向に急坂を登る。ササ原を北東方向に登ると周囲の山々の紅葉も眺められる。

紅葉3

登山道脇の遭難碑を過ぎると頂上が近い。やっと新しい標識の立つ1318.9mの十方山に着きました。頂上はたくさんの登山者でにぎわっていました。風が冷たい。

頂上

360度の展望が広がり東方向にかすかに野呂山、灰が峰、小田山、広島湾が見える。 
展望2

南方向に吉和冠山、はるか遠くに安蔵寺山や青野山が見えました。 
展望1


登山ルートは登ってきた瀬戸の滝コース、東に行く内黒峠コース、北に下るシシガ谷コース、藤本新道コースがある。

下りは瀬戸の滝の分岐まで往路を歩き、尾根道の登山道を下る。石ゴロゴロの箇所もありました。急坂を下ると登山口に帰り着きました。 

登山口

秋晴れに恵まれ紅葉を楽しんだ1日でした。
今日歩いたコース 

地図