FC2ブログ

月別アーカイブ

 2020年03月 

安芸アルプス 

安芸アルプス

山行日 令和2年3月1日(日)
参加者 O田 K畑 K下 K谷 K川 T石 N川 H本 H谷(正) H谷(三)H谷 Y(英) Y下(政) Y本(和) Y本(美) Y岡 16人
コースタイム JR瀬野駅(8:15) 坂山(9:35) 鉾取山(10:48) 原山(11:35) 洞所山(12:40~13:15) 城山(14:25) 金ケ灯篭山(15:33) 愛宕神社(16:12)JR矢野駅(17:05)

瀬野駅前で担当者から今日のコースの説明がある。長時間の山行になるのでウサギとカメの2グループに分ける。長丁場になりそうなので早く矢野駅に着いたグループのリーダーは人数を確認し担当者に報告、解散してもよい。

瀬野駅から西国街道を880mぐらい東方向に歩く。石の道しるべを発見する。 

道しるべ

橋のたもとの標識に従い南方向に歩き、2号線の高架をくぐり登山口に着く。

登山口

小さな沢に沿って南方向に登る。急坂を登ると尾根道に出合う。尾根道を南西方向に登ると499.8mの坂山に着いた。北方向の展望が望め造成された瀬野タウンが見える。 

坂山
 
展望1

尾根道を南方向に歩く。急な下りにロープが設置されていました。さらに下ると鞍部に平原登山口に下る分岐点がある。 

分岐

ヒノキ林の階段、急坂を登る。昨日の雨で登山道は滑りやすい。標高差300mの急坂を登ると711.5mの鉾取山に到着した。以前は公園化され、手入れされ北西方向の展望が開けていた。周囲の木々が伸びて視界が悪くなった。北周り、南周りのハイキングコースもある。 

鉾取山

ドウダンツツジの階段遊歩道を下ると676mの展望地に着いた。低木、シダの間から広島湾に浮かぶ安芸小富士、宮島などが見える。

南方向に下ると車道に出合う。70mぐらい登ると放送アンテナの建つ原山に着く。三等三角点は林の中にあった。 

原山

西方向に尾根道を150mぐらい下る。登山道に白い馬酔木の花が咲いていた。鞍部に天狗防山への分岐点がある。 

分岐2

100mぐらい登ると591mの標識がある。南方向に下って登り返す。足元にヤブコウジが赤い実をつけていた。十両ともいう。 

ヤブコウジ

641mの洞所山に到着しました。頂上は広いので遅い昼食タイム。行程の半分ぐらい歩いたかな。 

洞所山

南方向に新峠を目指して下る。日が差し始める。新峠から566mまで登り、また古峠に下る。途中にヤマツバキが赤い花を残していた。 

ツバキ

また尾根道を南方向に登ると592mの城山に到着しました。三等三角点がある。

城山

尾根道を南方向に下る。吹き抜ける風は冷たい。兜岩のような重ね大岩がある。赤穂峠に到着した。くもの会が標識を立て登山道を整備されている。 

かぶと岩

尾根道を南西方向に登る。標高500mぐらいに唯一の展望スポットがある。広島の街並みや湾が望めた。 

展望2

531.9mの金ケ灯篭山に到着した。 

金ケ灯篭山

西方向に下ると車道に出合う。南方向に車道を歩き愛宕神社の標識に従って境内に入る。神社の階段を登ると見事な展望が待っていた。西方向の矢野、海田市の街並みが見られました。疲れが癒されました。 

展望3

北西方向に谷間を下ると住宅地に着き、矢野安浦線に出合う。街並みを歩き矢野駅にやっと到着しました。2グループも同じ時刻の電車に揺られて帰途に着きました。
安芸アルプスは18㎞で12ピークを9時間弱で歩きました。お疲れさまでした。

今日歩いたコース 
地図

スポンサーサイト