FC2ブログ

赤ナメラ 

     赤ナメラ沢歩き
      廿日市市飯山

日程 平成29年8月6日(日) 晴れ
参加者 
S田、S井、S木、Sg田、T本、H田(SL、担当)、Y本(CL)、M岡  会員外 O本、K保、Y本、K林 12名

コースタイム
橋のそばの空地に駐車9:00→赤ナメラ沢入渓9:20→昼食(11:30~11:50)→林道橋の下で出渓13:15→林道歩き→駐車空き地14:10 所要時間 5時間10分

台風5号は奄美大島付近でゆっくり北上中、台風の影響はないと判断し、総勢12名で昨年に続き小瀬川支流(廿日市市飯山)の赤ナメラで沢歩きをしました。

今日は、原爆の日、来る途中8時15分には車の中で黙とうと合掌。平和で有ればこそ、登山も出来ます。感謝です。

深緑に覆われた清涼感あふれるきれいな沢です。歩く距離は入渓から林道の橋の下まで約3kmでなだらかな上りです。ナメ床、ゴロゴロ石、大小さまざまな滝を歩きます。
比較的歩きやすいが、所々、足元がわかりにくい所が有ったり、深みにはまったり、浮石を踏みバランスをくずしそうになったり緊張して歩くところもありました。しかし自分でルートを探しながら歩く楽しみもありました。

羅漢高原10km標識の有る橋を渡り道路沿いの空き地に車を駐車した。629

へルメット、ハーネス、沢靴を履き、R186を吉和方面に10分程歩き赤ナメラ沢入口の石段を下る。
630


9:25 赤ナメラ沢入渓。赤ナメラ床がきれいです。天然のクーラーの中にいるようで暑さを感じません。むしろ肌寒いくらいでした。
634

638

9:45 渕沿いを岩につかまって進みます。
656

10:00 なだらか滝を乗り越えていきます。深緑がきれいです。
663

10:25 少し大きな滝です。
686

10:37 ロープで確保してもらい、1人1人滝の激流に向かって登ります。
694

698

699

711

720

11:03 なだらかな滝をスイスイと 
726

10:54 激流滝の巻き道を登ります。
732

11:25 深緑の渓谷 グリーシャワーとマイナスイオンを浴びながら
740

11:30~11:50 肌寒いので、陽当たりの良い所で昼食
744

12:00 赤ナメラ床が続きます。水深の浅所はスイスイと歩けます。
752

12:00 赤ナメラ床がきれいです
753

11:28 水しぶきの中を歩きます。
758

12:20 階段状のなだらかな滝を登って行きます
775

782

12:32 皆が通った後、大きな山がえるがゆっくりした動きで目の前を 
787

12:43 ナメ床が続きます
793

12:46 小さな滝が幾重にも重なって美しい所です。
795

12:58 川の合流する所
807

13:04 川幅が狭くなり始めました。川底は砂混じりです。
809

13:14 沢歩き終点です。林道の橋下手前から右に笹薮をかき分けて林道に上がりました。
813

13:20 橋を左側に林道を駐車地点まで50分程歩きました。皆歩き切って歓喜の舞です。涼しくて最高の避暑でした。
815

14:10全員無事に駐車地点まで帰ってきました。
道路沿いにキツネのカミソリ
キツネ

歩いたルート
歩いたルート


    
スポンサーサイト