FC2ブログ

十方山 

十方山

期日 2018年10月28日
参加者 I藤 O田 K畑 K下 S田 S井 T本 H田 H谷(正) H谷(三) M岡 Y 下 Y本(和) Y本(美) 会員外 山下(体験登山) 呉山の会 K保
コースタイム 呉(7:10) 登山口(9:00) 瀬戸滝(9:25) 分岐(11:05) 五合目(10:55)頂上(12:10~2:50) 五合目(13:40) 登山口(15:00)

登山口の駐車場にはすでに満車状態です。晴れの紅葉シーズンで多くの登山者でにぎわっていました。 

駐車場

トイレの南側が瀬戸の滝に登る登山口です。沢に沿って北西方向に登ると鉄の橋を5回渡る。 

橋

瀬戸の滝に到着した。滝つぼは深い。滝は上の段と下の段の2段になっている。全長63m。奥の滝も大きい。

瀬戸の滝

滝から笹原の急坂を東方向から北東方向に登る。30分ぐらいで谷間に出て尾根道登山道と出会う。 木に下がった標識は薄くなって見えにくい。 

分岐

谷道を北方向に登る。勾配が緩くなると紅葉が見られる。 
 
紅葉1

尾根道に変わると木々の間から笹原の十方山が見えてくる。標高の高いところは紅葉が進みきれいです。 

十方山

五合目に到着。三ツ倉の遭難碑を見に行く。雪山で遭難したようです。 

遭難碑

いったん下り、また急坂を登る。ブナ、ミズナラ、トチの自然林は素晴らしい。紅葉は一段ときれいです。 

紅葉2

北方向に急坂を登る。ササ原を北東方向に登ると周囲の山々の紅葉も眺められる。

紅葉3

登山道脇の遭難碑を過ぎると頂上が近い。やっと新しい標識の立つ1318.9mの十方山に着きました。頂上はたくさんの登山者でにぎわっていました。風が冷たい。

頂上

360度の展望が広がり東方向にかすかに野呂山、灰が峰、小田山、広島湾が見える。 
展望2

南方向に吉和冠山、はるか遠くに安蔵寺山や青野山が見えました。 
展望1


登山ルートは登ってきた瀬戸の滝コース、東に行く内黒峠コース、北に下るシシガ谷コース、藤本新道コースがある。

下りは瀬戸の滝の分岐まで往路を歩き、尾根道の登山道を下る。石ゴロゴロの箇所もありました。急坂を下ると登山口に帰り着きました。 

登山口

秋晴れに恵まれ紅葉を楽しんだ1日でした。
今日歩いたコース 

地図
スポンサーサイト