FC2ブログ

呉婆々宇山 

呉婆々宇山

期日 2019年3月17日
参加者 I藤 O本 K畑 K下 K村 K川 S田 S井 S木 T本 H本 H田 H谷(正) H谷(三) Y 下(政) Y本(和) Y本(美)  会員外 O山 K保 F井

コースタイム 水分峡森林公園駐車場(8:55) 岩屋観音跡(9:45) 高尾山(10:35) 592m分岐(11:40) 呉婆々宇山(12:05~12:35)水分峡森林公園駐車場 (14:30)

みくまり峡は昨年7月の豪雨災害の爪痕がひどい。小雨が降っている。担当者より水分峡森林公園で今日のコースの説明がある。会長より3月15日の四国で福山の男性の滑落死のニュースと山行必需品の地図、救急用具の説明がある。各自の装備品の確認がある。

雨も上がり出発。遊歩道を歩き水分神社に。安全登山を祈願して高尾山に向かう。北方向の尾根を17分登ると東屋がある。 

東屋

雨具を脱ぎ北方向に登ると高尾山から伸びる尾根にとりつく。北東方向に尾根道を登ると岩屋観音跡に着く。岩屋観音の由来の看板がある。山門のあとの基礎、瓦の破片などが残っている。かなり大きなお堂があったようです。標高341mです。 

岩屋観音跡

岩屋観音のすぐ上に展望岩がある。都市高速、ビルの街並み、広島湾、山々の展望が広がっています。 

展望1

展望2

岩場の壁に観音像が刻まれています。

観音像

200m登ると高尾山に到着。三等三角点がある。近くに馬酔木が咲いていました。 

馬酔木

尾根道は北東から東方向に変わり高圧線の鉄塔をくぐると標高460mの鞍部に着く。 

林道に出合い、東方向に少し登ると592mの分岐点に着く。下りは南西方向の尾根道を下ります。 

分岐点

尾根道は東から北東方向に変わりバクチ岩を横目に見て700m登る。大きなアンテナの立つ呉婆々宇山(682m)の頂上に到着しました。雲が広がり風が冷たい。二等三角点がある。  

アンテナ

山頂

バクチ岩まで下ると日差しは暖かい。岩に立つと宮島、似島、江田島、絵下山、原山などが見える。

展望3

592mの分岐点から西方向に下ると林道に出合う。高圧鉄塔をくぐりさらに下るとシキミの花が咲いていました。 

シキミ

林道を2回横切る。豪雨災害の源を見る。爪痕を見ると心が痛みます。 

災害

又林道を横切り草摺の滝まで下る。大きな被害を受けていました。 

滝

西方向に下りキャンプ場を経て水分峡森林公園に帰りました。天候が目まぐるしむ変化する山行でした。

今日歩いたコース 
地図

スポンサーサイト