FC2ブログ

鬼ケ城山 

鬼ケ城山

期日 2019年5月26日
参加者 I藤 U根 O山 O田 O合 K畑 K村 K保 K林 S田 S井 S田 Z谷 T本 T石 H田F井 H谷(三) M岡 Y下(英) Y 下(政) Y本(和) Y(美) 23人

コースタイム 呉(7:30) 河内神社(9:10)集会所(9:35) 鬼ケ城山(11:15~11:40) 馬頭観音石仏(12:25) 集会所(13:20)

スパ羅漢から北方向に10分ぐらい車で走る。下飯山のバス停から50mぐらい集落の車道を入ると河内神社がある。樹齢数百年の杉の巨木が左右に2本ある。本殿もかなり歴史のあるものでした。 

神社

集落を登ると集会所があるので駐車をさせてもらった。 

集会所

リーダーから今日のコース説明と地図をもらう。今日は現在地が地図上で確認できる地点が多い。
南西方向に林道を登ると帰りに下る林道に出合う。標識がある。地図で現代地を確認する。 

分岐

緩やかな登山道を歩く。溶岩が噴き出て固まったような玄武岩の岩が杉林の奥に見える。ぼこぼこした大岩です。 

玄武岩

 
登山道の登りは北西方向に変わる。現在地を確認する。フタリシズカの蕾がたくさん咲いている。チゴユリ、ナルコユリも咲いている。 
フタリシズカ 
フタリシズカ

チゴユリ
チゴユリ

南西方向に最後の急坂の尾根を登ると頂上直下に巨岩がある。岩の下を巻いて洞窟を見に行く。鬼が住んでいたとか言う洞窟はかび臭い。巨岩が数個ある。 

巨岩

10分も登ると頂上に着いた。クマザサに覆われ展望はないが二等三角点とブナの巨木がある。日陰で昼食タイム。 

頂上

北方向に尾根道を歩く。広島県と山口県の県境です。雑木林の登山道にナラの大木がある。幹から枝が数本に分かれている。 

ナラ

笹原と杉林の尾根道を北東方向に歩くと分岐点がある。その先に馬頭観音石仏を見に西方向に10分ぐらい歩く。この道は昔、安芸の国飯山と周防の国宇佐村を結ぶ峠で頻繁な往来があったそうです。途中エビネランが咲いていた。 
 
馬頭観音石仏

エビネラン
エビネラン

分岐迄帰り、南東方向にシダの茂った谷間を下る。さらに南西方向にトラバース気味に下ると朝の分岐に帰りました。 谷間

10分ぐらいの歩きで集会所に着きました。

今日歩いたコース  
地図


スポンサーサイト