FC2ブログ

篁山 

篁山
山行日  令和元年9月29日(日)曇時々晴
参加者 0田、0合、K畑、K下、K村、K保、K林、S田、S井、S田、S木、Z谷、T石、T本、H田、H井、H谷(正)、M岡、Y下(政)、Y本(美)  以上20名

コースタイム
虹村公園駐車場8:00=入野駅前Ⓟ9:00=天平の道碑9:20=姫路の瀧9:40=松が城址10:20=竹林寺10:40/50=石仏(頂上とされている所)11:00=三角点探し30=昼食=下山12:00=入野駅前Ⓟ13:10

駅前の橋を渡り団地への車道を進む  
DSC01035[1]
 
天平の道の碑のある登山口に着く  
DSC01038[1]

獣侵入防止柵を開けて参道に入る 
DSC01043[1]
 
姫路の瀧に着くが昨年の豪雨災害で倒木に覆われている
DSC00872[1]
 
松が嶽城址 石積の井戸が残っている 
DSC01046[1]
 
竹林寺仁王門に着く
  DSC01049[1]

竹林寺境内散策
DSC01051[1]
 
阿弥陀仏像 頂上とされている
DSC01054[1]
  
三角点探しに林の中をみんなで探すが見つからなかった。一番高い本当の頂き、ガイドブックにあった石積と古い桜の木、を見つける。たぶんここだろう。

石仏まで戻り、昼食タイム。
来た道をゆっくり下山する。河内駅方面に下山する道は、豪雨災害の影響で通行止めになっている。


《時間と体力があるので、郷原の「城山」に登る》
頂上付近に“火の用心”の文字が書かれている山だ。
fj08011301[1] 2[1]

市民センターに車を停めて登山口へ農道を歩く。彼岸花が畔に沢山咲いている。

登山道に入ると、結構急登であったり、岩があったり、見晴らしが良かったり面白い山だな~と思った。
“火の用心”を間近くで見ると、デッカイ!! 初めにどうやって書いたんだろう?デザインしたのは誰?と考えながら、涼しい風に吹かれて汗をしずめる。景色を楽しみ、下山する。

往復3時間位と聞いていたが、予定より早く下山できた。
記T本

スポンサーサイト