FC2ブログ

陶が岳・火の山・亀山 

陶ガ岳(230m)・火の山(303.6m)・亀山(300m)縦走

山行日 平成26年1月26日(日)曇り時々晴れ

参加者 
大成、小田、木村(和)、沢井(担当、CL)、永易、平田、部谷(正)、部谷(三)、松岡、山本(和)  会員外 小堀、迫田、山本(和) 13名

コースタイム
松永邸薬草園(正面コース登山口)(10:00)  観音堂跡(10:35) 陶ケ岳(10:50) 火ノ山(11:50~12:20) 亀山(13:10) みかん畑下山口(14:00) 総時間 4時間

ミニ八ヶ岳とも呼ばれている山口市秋穂町に鎮座する陶ガ岳・火の山・亀山連山を縦走しました。
標高200~300mの低山ですが、急登、岩峰のアップダゥンが続き歩き応えが有り又、切り立った尾根道からの景観は絶景でした。

マイクロバスで広オークアリーナを7:15に出発し、10:00に松永邸PAに着いた。各自ストレッチを行い陶ガ岳登山口を10:03に出発した。
昨夜からの雨で登山道は多少ぬかるんでいたが、つづら折りの道は歩きやすく、ゆっくり登る。
約30分で陶ガ岳観音堂跡地の広場に着く。
観音堂跡地

観音祠の岩崖の磨崖仏を見る。
磨崖仏

此処から急傾斜の登山道が数十メートル続く。ロープと木の根っこをつかみながら慎重に登る。
約10分で陶ガ岳頂上に到着。
「山上三社大権現」の標柱
陶が岳頂上

南側には、是から進む三つのピーク(陶一、二、三の岳)、一段と高い火の山が観える。
此処から鞍部に向かって下る。岩場有りザレ場有り、急傾斜で滑りやすい。ロープをつかみながらゆっくり下る。
後方に陶ガ岳の切り立った崖岩を観る。
陶が岳岩崖

ここはロッククライミグで人気の岩崖らしい。
急坂なアップダゥンを繰り返し、火の山の頂上に11:50到着した。
頂上には、三角点と○石と彫られた祠が2宇鎮座又、火の丸国旗も掲揚してある。
火の山祠

この頃から北西からの風が強くなり、風避けの岩場で昼食を取った。
西側の展望岩から名田開作の田園と遠く霞んだ周防灘が観える。
周坊灘と田園

此処から南側の亀山を目指す。更にアップダゥンの厳しい二つ山、梅の木山(280m)、遠下山(250m)を越え、13:10(約50分)で亀山(300m)に着く。
南峰岩に鎮座する○石祠までスリリングな岩歩きとなった。
亀山岩場

南峰から急斜面の下山道を慎重にゆっくり下る。
亀山岩を下る

14:00に下山口みかん畑に到着。
全員無事に下山しました。
マイクロバスを下山口まで呼んで17:00に広オークアリーナに帰着した。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/24-b56aac31