FC2ブログ

北穂高岳 

北穂高岳(3106m)
山行日  平成26年8月13~17日
参加者  平田、山本(夫)、山本(美)

今回の県連バスはお盆休みが利用出来るということで普段休みの取りにくい平田氏と大キレット越えを計画した。上高地―涸沢―北穂高岳―キレット―南岳―天狗原―上高地のコース予定だ。
険しい岩稜もあるので天候の状況次第では変更・撤退もありと確認しあう。

平湯到着後、バスで上高地へ入り小梨平のテント場へ。すでにテントがいっぱいで場所探しに困るほどだ。なんとか同行の広島労山グループと隣り合わせで張り、翌日に備え早めに休む。我々は翌日からは小屋泊予定なので荷物をデポして出発。

北穂まではコースが同じと言うことで広島グループとともに涸沢をめざす。横尾辺りで雨が降り出し降ったり止んだりの中、小屋到着。翌日は午前中は曇り予報とのこと。

北穂沢の途中から涸沢テント場を見下ろす
2014-08-14 県連北穂高岳 008 1

早目に出ればと少しの希望を持って朝5時北穂高へ登り始めたが1時間ほどで雨が落ちだした。予定ルートは無理となった。

山頂近くになると風が強まり、突風が吹くとしゃがみこむほどだ。用心しながら北穂高小屋到着。温かい部屋でカップラーメンを朝食にいただく。美味しい。内から暖まりホッとする。が外はザーザー降りで止みそうもなく下山のタイミングを計っていると広島グループの皆さんも到着された。しばらく歓談したあと涸沢へ下山した。

連泊となった涸沢の小屋では広島の皆さんも来られ楽しいひとときを過ごすことが出来た。雨だったけど仲間と一緒に北穂に登れてうれしかったです。

北穂高岳の頂上
2014-08-14 県連北穂高岳 012  2

北穂高岳の下りの岩場
12014-08-14 県連北穂高岳 013 2

        記 山本  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/46-8dc9a57f