FC2ブログ

忠四郎山 

忠四郎山 大鉢山

期日  2015年1月25日
参加者 大原(功) 大原(賀) 小田 木村 迫田 銭谷 立石 堧水尾 花房 部谷(正)
部谷(三) 松岡 山本
コースタイム 呉駅(7:00) 駐車場(8:40) 登山口(8:55) 展望台分岐(9:40) 林道出会い(10:10)
忠四郎山(10:30) 大鉢山分岐(11:15) 大鉢山(11:40~12:10) 登山口(13:10)

忠四郎山は途中の県道に登山口標識がないので道が分かりにくい。
大竹ICを出て左折してすぐの信号を右折する。「亀居公園 錦龍の滝2Km」の看板が目印です。踏切を渡り、黒川2丁目の信号を左折する。しばらく走ると右手にセブンイレブンがある信号を右折する。「小方ケ丘南」の信号を過ぎると青い橋があるので右折する。狭い道を直進して舗装道路が荒れた山道を入る。登山口手前の路肩に駐車場する。駐車は青い橋を右折した所の三ツ石集会所にもできます。

「入山禁止」の立札がある。準備体操を済ませ左の林道を登る。

 登山口

高圧線に沿って登ると左手に青いフェンスがあり三ツ石川に堰堤がある。川は水量が多くゴウゴウと音をたてて流れていました。登山道は荒れていました。

フェンス

小さな分岐点には標識やテーピングがある。高圧線の下を通ると右手に大鉢山の取り付き口がある。 

高圧線

忠四郎山は高圧線から分かれて案内標識のあるシダの生い茂る斜面を登る。花崗岩の滑りやすい急斜面の砂礫場を這いつくばって登る。振り返ると大竹の町、岩国の町が見えました。右手には大鉢山だろうと思われる岩斜面が見えました。

滑る斜面
右端が大鉢山
<br /><br />大鉢山を見る

540mピークの西斜面を巻いて北方向に進むと右手に展望台の標識がある。ここからも大鉢山に登る事が出来ます。 

展望台の標識

少し登ると小さな沢を渡る手前の右手の木に赤いテープに「西峰頂上及び大鉢山近道分岐」と書いてある。今日はこのコースを大鉢山の登りに使用する。沢には水が流れていました。 

大鉢山の登山口

崩落防止用のプラスチックの防護ネットが張られた斜面を登ると尾根道に出る。 

防護ネット

小さい忠四郎山案内板が木に下がっている。尾根道に出て5分ぐらいでY字路分岐がある。左手の尾根道をさらに上る。 

Y字路分岐

塩見峠からの林道と合流する。北の栗原町茅野原から登った林道です。牛の落し物が所々にありました。近くに牧場がまだあるのだろうか。忠四郎山は左に行く。 

分岐

忠四郎山の頂上に到着。三等三角点がある。木立に囲まれて展望はありませんでした。下りに近くの展望岩に寄りました。展望岩は狭い。宮島や大鉢山などが望めました。 

忠四郎山

小さな沢近くまで下る。赤いテープに「西峰頂上及び大鉢山近道分岐」とかかれた登り口から滑りそうな急斜面を北方向に登る。尾根道に出会い西峰ピーク(540m)に到着する。 

西峰

東方向に下ると分岐点があり現在地の赤い標識が2か所ありました。 

赤い標識

少し登ると大鉢山(530m)に到着しました。大竹山の会が作ったプラスチックの標識と木に取り付けたブリキの旗が音をたててなびいていました。南方向に宮島、経小屋山、宮島、阿多田島、大竹の町、岩国の町が見えました。 

大鉢山 
大鉢山

大鉢山からの展望
大鉢山展望

下山は赤い標識のある分岐まで帰り、谷間を下る。岩の重なる谷は急で水が流れ、苔が付いているので滑りやすい。沢の音を聞きながら谷間を下る左手には大岩がある。大鉢山はクライミングが出来る岩があるそうです。 

水の岩斜面

大岩
大岩

展望岩場からは朝登った尾根道が見える。岩と風化花崗岩の砂礫で滑りやすい道を下る。シダに覆われた道は登山道につながっている。駐車場まで戻る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/54-a794d148