FC2ブログ

牡蠣山 観音山 

牡蠣山・観音山

2015年2月8日
参加者 大原(賀) 小田 木村 迫田 繁田 鈴木 銭谷 高本 立石 堧水尾 原 部谷(正) 松岡 山下 山本 会員外(畑本)
コースタイム 呉駅(7:10)名荷神社駐車場(9:30)牡蠣山山頂(10:50~11:30)神社駐車場(12:00)
車で移動して観音山駐車場登山口(13:00)観音山山頂(14:10)登山口(16:00) 呉駅(18:30)

参加者16名が3台の自家用車に分乗し、呉・東広島道、山陽道、しまなみ道を経て生口島に到着。名荷(みょうが)神社前の駐車場から境内を進み、名荷神社で安全祈願をした。 

名荷神社
名荷神社

「登山道を回ると遠いですからレモン畑を横切ってください」との農園主のご好意に甘えて農場を進む。
 レモン畑
レモン畑

牡蠣山への道を示す石碑前で、準備体操を行った。 
牡蠣山登山口
牡蠣山登山口

雨が多いせいか急登では足を滑らしそうであったが全員クリヤーして牡蠣山頂上に到着。晴天に恵まれ因島と生口島を結ぶ生口橋や、造船所がある岩城島など瀬戸の島々を見渡し早い昼食を取ったあと全員で記念写真に納まった。

牡蠣山頂上
牡蠣山頂上

展望 
<br />展望1
<br /><br />展望2

下山して駐車場に着いてびっくり。各車ごとにミカン箱いっぱいに大きな八朔が置いてあり、お持ち帰りくださいとの手紙が有った。送り主は登山の際に農園を通らせていただいた方と思われるが、立派な商品を無料で下さる気持ちが有りがたくもったいないと思う。 
みかん
みかん

観音山登山口駐車場へ移動し登山を開始したが、小雨が降りだし、雨合羽を着用した。長い稜線のアップダウウンを4回繰り返し、観音山頂上に到着。頂上直下の鐘楼、観音堂の内部や石垣の中に組み込まれた石仏を見学して時間を過ごした。

鐘楼
鐘楼

石仏
石仏

本尊
本尊

さい銭箱
さい銭箱

下山の相談をして2班に分かれることに決定。
ドライバー3名は)神社前の駐車場まで引き帰す。ドライバー以外の13名はサンセットビーチを目指して下山する。

眼下にサンセットビーチが見え下山道はあるが途中で道が陥没しているので「進行禁止」と表示してあるが、この下山道を利用すると40分程度で下山可能である。この下山道は多くの登山者が通行していると思われ綺麗に掃除がしてあり、足場もしっかりしていて陥没により通行止めが有るとは考えられなかった。

道路の陥没
陥没2


陥没

13名が陥没箇所を過ぎて10分も歩かないうちに、車道で3台の車が迎えに来てくれました。
ドライバー3人は大急ぎ(走って?)で駐車場に帰り、車を走らせ迎えに来てくれたのでしょう。感謝、感謝でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/55-fcd96421