FC2ブログ

野呂山総会 

野呂山総会

期日  2015年3月15日
参加者 市野 小田 木村 迫田 沢井 繁田 鈴木 高本 橋本 花房 平田 部谷 部谷 山下 松岡 山本
コースタイム 登山口(8:30) 休憩所(9:25) 岩海コース合流(10: 05) ビジターセンター(11:00) 総会(12:00~15:40)

呉労山総会は毎年野呂山のビジターセンターで行っています。山に登り総会後は又歩いて下っています。

心配していた天気は曇り。これなら歩いて野呂山に登れそうです。歩いて登るメンバー13人は駐車場に集合しました。3人のメンバーと総会で会うことになっています。

センターコースを登る。最初の沢を渡り登ると山の畑に白梅が数本咲いていた。ラッパズイセンはまだ蕾でした。兜岩とドンドンコースの分かれで休憩する。 

梅の木 
梅

分岐場所
分岐場所

しばらくは沢に沿って登る。沢を渡る。数年前の大雨で沢に大岩が流れ着いた。スカイラインがそばを走っています。 

沢1

杉林を登ると細い林道のすぐ下にセンターコースの登山口があります。登山口近くに沢がある。ここの沢には水量によって渡る場所が3か所作られています。ボランティアの人が整備したようです。 


沢2

急登を登ると30分ぐらいで休憩場所に到着した。この平の場所は休息場所としてちょうど良い。誰かが木を切って腰掛を作っている。いつも休憩時には感謝です。 

急登 
急登

休憩所
休憩所

又急登を登る。大きな松の木のサルノコシカケはまだある。この季節は木々の間から西の昭和池近くの海上保安庁の鉄塔が見える。 

サルノコシカケ
サルノコシカケ

岩海コースと合流した。大滑岩近くのマンサクを見に行くことにした。

合流地
合流地

霞んでいるが大滑岩から膳棚山のたくさんの鉄塔、スカイライン、しまなみ大橋と見えました。大滑岩は1枚岩で畳が1000枚敷くことが出来るほど広いので千畳岩とも言われています。サンセットストーンとも呼ばれ夕日を見る絶景の場所です。

大滑岩
大滑岩

少し登るとベニマンサケがまだ咲いていました。近くにユリノキが少し膨らみ始めていました。ユリノキは花の形がチューリップに似ているのでチューリップツリーの別名がある。 

ベニマンサク 
ベニマンサク

ユリノキ
ユリノキ

マンサクもまだ咲いているかもしれないということで回り道をして見に行きました。 

マンサク
マンサク

兜岩展望台に到着。霞がひどく向かいの蒲刈島がやっと見えました。車で来たメンバーと合流してビジターセンターで昼食。 

兜岩展望台
兜岩展望台

時間があるので大重岩に行きました。岩質は流紋質溶結疑灰岩の大きな岩は長い年月をかけて雨や風によって削られた自然の大岩です。不思議な形です。途中に開拓団が住んでいた村の跡がありました。 

大重岩 
大重岩

竹林
竹林

12時から総会開始。議案は26年度の山行部活動報告、会計報告と会計監査報告。27年度の山行部活動計画と担当者の割り振り。予算案。滝谷出会渡渉遭難事故概要説明。規約改正。山行規定の改正。活発な質疑応答があり総会は終了しました。今年も楽しく事故のない山行にしたいです。
今年は呉労山創立41年。県連創立40年です。 

ビジターセンター 
ビジターセンター

総会
総会

総会の途中から雨が降り始めた。車で来た人たちの車に分乗して駐車場まで送ってもらいました。途中の道は霧が深く視界30mぐらいの所もありました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/57-cd7d183b