FC2ブログ

大黒山 竜ヶ岳 

大黒山 竜ヶ岳
期日  2015年4月12日
参加者 木村 迫田 原 部谷(正) 部谷(三) 山本
コースタイム 呉駅(7:10) パストラルホール(8:45) 登山口(9:05) 大黒山(10:00) 分岐点(10:25)竜ヶ岳(11:20~12:45)) 大梅山(13:50) 大梅山登山口(4:20) パストラルホール(15:05) 呉駅(16:30)

山陽自動車道の玖珂ICを南下し、初めての信号を右折してパストラルホールに向かうと大黒山、竜ヶ岳の山容が見えてくる。パストラルホールの駐車場を利用させてもらう。
用田グラウンド脇の小川に沿って林道を500mぐらい登ると大黒山登山口の標識がある。 
大黒山登山口
大黒山登山口

西方向にシダが茂った登山道を登る。途中から花崗岩のザレ場で滑りやすい。ロープが張ってあるので助かります。周囲にはツツジがきれいに咲いている。 

ザレ場
ザレ場1

少し登った辺りから見上げれば岩峰の形が面白い。かわいいイルカの親子が空に向かってジャンプしている顔に似ている。松の木の新芽とマッチして日本庭園の様です。 

イルカ岩
イルカ岩

岩峰と大黒山への分岐へ到着。イルカ岩に行く。頂上には登れないが周東町の町が眼下に見渡せる。
展望
展望1

帰路の大梅山の稜線が見えた。絶景ポイントです。 
大梅山稜線
大梅山稜線

分岐まで帰り、シダの茂る道を300m登ると323mの大黒山です。三等三角点がある。大黒岩がありました。この岩は江戸時代から旧山陽道の目印とされていたそうです。竜ヶ岳の尖峰が見えた。 

大黒岩 
大黒岩

竜ヶ岳尖峰
竜ヶ岳尖峰

両側にシダの茂る登山道を南方向に下ると鞍部に着いた。 
鞍部
鞍部

ロープが取り付けられた道を南方向に登ると大梅山と竜ヶ岳の分岐尾根に着く。途中白いツツジが咲いていました。 

分岐尾根
分岐尾根

8、9年前に山火事で焼けた尾根道を歩く。消火に時間がかかり、南西方向の中山湖から水をヘリコプターで運んだそうです。下りの花崗岩のザレ場には木の階段が取り付けられていました。 

焼けた尾根道
焼けた尾根道

ロープの取り付けられた急登を登り365mの竜ヶ岳に到着した。山陽自動車道の竜ヶ岳トンネルの上に立っています。大岩の上に立つと360°の眺望を楽しむことが出来ました。北に蓮華山。北西に烏帽子山。東に氷室山。西に瀬戸内海や山陽道。眼下には町並みや田畑。素晴らしい。 

竜ヶ岳山頂 
竜ヶ岳頂上

遠くに見える先の尖った山が蓮華山展望2

中央の尖峰が氷室山
展望3

瀬戸内海と山陽道
展望4

貸切かと思っていると昼食時に1人の男性が登ってこられた。話を聞くとこの山の登山道を整備されておられる岩国市の柳川さんでした。80歳近くで定年後から始めたそうです。階段やロープのおかげで安全に登れたお礼を述べ、みんな笑顔で写真に納まる。ロープワークの勉強で「もやい結び」の練習をしました。 

柳川さん
柳川さん

大梅山と竜ヶ岳の分岐点まで帰り、大梅山に登る。 
大梅山
大梅山

ロープの取り付けられた急坂やザレ場を下る。羅漢岩がある。クライミングのベテランが岩の上に立つ。手がかりがないので登るのは難しい。 

羅漢岩 
羅漢岩1

羅漢岩
羅漢岩2

尾根道を下り西側が崩壊したザレ場を歩き東屋に到着。途中で登りに歩いた大黒山に続く尾根道が見えた。東屋の柱にロープを取り付けクローブヒッチの勉強をしました。 

ザレ場 
ザレ場2

大黒山尾根道
大黒尾根

東屋から東に250m下ると林道に下りた。小川に沿って下ると用田グラウンドに帰り、駐車場に着いた。低い山ですが縦走が出来て変化に富んだ面白い山でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/61-55fd329b