FC2ブログ

行者山・傘山 

定例山行    
   行者山(313.1m)・傘山(649.6m)
         大竹市玖波

山行日 平成27年12月6日(日)晴れ
参加者 S田、S井(SL)、S木、T本、M岡、Y下、Y本(CL) 7名 担当 H谷(三)
コースタイム
玖波駅8:40→大歳神社横登山口8:50→石鎚神社9:00→行者山9:50→玖波槍10:00→傘山東登山口10:30→反射板11:43→傘山山頂12:00 西峰で昼食(12:10~12:50)→谷コース分岐13:05→谷登山口13:37→谷和林道出合13:47→憩の森キャンプ場14:10→メープルヒル病院横登山口14:55→玖波駅15:05  所要時間 6時間25分

大竹市玖波の背後に聳える行者山とさらに北側2.5kmに位置する傘山に登りました。
JR玖波駅を出発し恵川沿いをのぼり、山陽自動車道高架下大歳神社横の行者山登山口から登り始めました。行者者山への案内板に沿って10分程で石鎚神社到着。
石鎚神社

安全祈願し、境内でストレッチし、神社の右側から行者コースを登る。
白い鳥居をくぐると、此処から行場。
白い鳥居

一の鎖、二の鎖、三の鎖が有りました。一般登山者は使用禁止と聞いているので巻き道を登る。此処にも鎖の岩場がありました。
岩場の鎖

三の鎖を過ぎると、行者堂コースに合流する。
展望が開け、眼下に大竹市街並み、コンビナート、宮島、阿多田島が見える。
大竹の市街地

右手に三の鎖の大岩場が見える。
三の鎖
ロープで確保すれば登れそうな気がすると我が会のクライマー達。

10分程登ると、石鎚神社頂上社。ここでも手を合わせる。
石鎚神社頂上社

その奥に行者山山頂。三角点にタッチ。
行者山山頂

北側の開けた所から、遥か遠くに今から登る傘山の反射板、アンテナ塔が小さく見える。
遥か傘山

西に玖波槍の穂先の岩場が間近に見える。
玖波槍
下って登り返したら10分で玖波槍の穂先へ。眺望が抜群だ。
行者山、その先に宮島、北西には昨年登った忠四郎山が、東に経小屋山が見える。

北側の緩やかでシダが刈られ整備された尾根道を、傘山登山口に向かって歩く。
縦走路
二つのピークを越えると30分で谷和林道に出る。

傘山登山口の標識からコンクリートの階段を登り、東尾根コースを登る。
傘山登山口

なだらかで眺めも良く、所々に傘山八景なる案内板もあり楽しませてくれる。
「一息岩」で休み、送電線をくぐると、岩場が多くなり「桃割岩」からの眺望も素晴らしい。
桃割岩

反射板のあるピークを越え、
反射板

「天狗の踊り場」の高度感のある岩場からも、素晴らしい眺望だ。
天狗の踊り場

雑林帯の最後の急登を登り、
傘山山頂到着。三角点にタッチ。登山口から1時間30分。
笠山山頂

眺望の良い西峰(極楽岩)に移動し昼食。
極楽岩
此処から北方面の眺めが素晴らしい。何時か登ってみたい河平連山、三倉岳、大野権現山等が見える。

下山は谷和林道に向かう。アンテナ塔の横を通る。
途中、此処にも「おむすび岩」、
おむすび岩

「お堂」のような岩があった。
石堂

15分下った所に尾根ルートと谷ルートの分岐、左折しショートカットの谷ルートを下った。
分岐

荒れた道で踏み跡と、テープを確認しながら慎重に下る。
谷コース
途中ぬかるんだ所辺りから道が不明瞭になったが切れかけたテープと水浸しの踏み跡を見つけ32分で谷和林道に下りた。

車道を10分程下り
谷和林道

林道出合から憩の森キャンプ場に向かう谷コースで下り
谷コース2

23分でキャンプ場に到着。
キャンプ場

分岐をメープルヒル病院側に向かう林道を登り峠登山口から下る。登山道沿いの大シダは刈りこまれていた。感謝々です。西山社、メープルヒル病院まで下りてきた。
西山社

恵川沿いから玖波駅に、新しく出来た山側の改札口から入りました。
全員無事で下山しました。登山道は良く整備され、案内板もポイントにあり、岩場からの眺望も良く素晴らしい山でした。
                      記 S井
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://737kureyama.blog.fc2.com/tb.php/81-12e30989